バイブル&アートミニストリーズ、20周年記念美術展「平和をつくる」開催へ 東京・目黒で12月

2015年11月15日20時19分 印刷
+東京都:バイブル&アートミニストリーズ、20周年記念美術展「平和をつくる」

バイブル&アートミニストリーズ(B&A)の20周年記念美術展「平和をつくる」が12月1日(火)から6日(日)まで、東京都目黒区美術館区民ギャラリー(東京都目黒区目黒2-4-36)で開催される。今回は、1995年に美術宣教を目指して創立されたB&Aの20周年記念美術展となる。58人の出品者による、油彩画、日本画、水彩画などの絵画や、布、ガラス、クレイなどで製作された作品が、「平和をつくる」というテーマで展示される。

また、記念展として、ドイツの版画家・彫刻家ケーテ・コルヴィッツ(1867~1945)の「母たち」(フィリア美術館所蔵)、「鋤を引く人たち」(秀友画廊所蔵)の2点が同時に展示される。コルヴィッツは、20世紀前半のドイツを代表する女性芸術家の一人。ドイツ帝国、ヴァイマル共和国、そしてナチス・ドイツという政治的変動の激しい時代の中で、恐慌に見舞われ、貧困にあえぐ労働者階級の人々の苦しみを描いた。コルヴィッツ自身も、第1次大戦で息子を、第2次大戦では孫を失った。ナチスによって作品発表の機会を奪われるなど、不遇の晩年を過ごしたが、苦悩と真摯(しんし)に向き合いつつ創作活動に励み、木版、エッチング、リトグラフ、彫刻など、試行錯誤を繰り返しながら、さまざまな表現方法に挑み、希望をつむいだ人物だ。戦後70年を迎えた今年は、コルヴィッツ没後70年にもあたる。

東京都:バイブル&アートミニストリーズ、20周年記念美術展「平和をつくる」
ケーテ・コルヴィッツ作『母たち―連作<戦争>第6葉―』(1922年、木版画)(写真:B&A提供)

B&A代表の町田俊之氏は、「今年は戦後70年の節目の年。現在でも、世界中で紛争が絶えません。私たち日本人も『平和』をどう捉えるかが、問われています。今回展示されている作品を通して、共に『平和』を志向していただけますなら幸いです」と、来場を呼び掛けている。

開場は、午前10時から午後6時まで。ただし、初日は午後2時開場、最終日は午後4時閉場。入場は無料。問い合わせは、B&A(電話:048・837・8583、メール:bibleandart@nifty.com)まで。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース