刑務所伝道シリーズ(10)元ヤクザから、子育て中のお母さんに伝えたいこと

2015年10月18日17時53分 記者 : 守田早生里 印刷
+刑務所伝道シリーズ(10)元ヤクザから、子育て中のお母さんに伝えたいこと
10周年記念礼拝。会堂は人でいっぱいになった。

今年で教会創立10周年を迎えた「罪人の友」主イエス・キリスト教会(通称:罪友)。15年前に獄中で聖書に触れ、出所後、受洗、献身へと導かれた進藤龍也牧師が、埼玉県川口市に建てた教会だ。スナック「ジュンブライド」を改造して作ったというこの教会は、当初、窓はミラーで覆われていて開けることができず、ダウンライトの室内は、薄暗かった。そこに、元ヤクザが「聖書を語っている」とはいえ、なかなか寄り付く人はいなかった。「犬を相手に説教をしたこともある」と進藤牧師は笑う。しかし、10周年の記念礼拝を迎えたこの日、会堂には入りきれないほどの人が集まり、立って説教を聞く礼拝者もいたほど。「10年後には、ここにたくさんの人が集まって、主を賛美し、多くの人を救いに導きたいと祈っていた」と当初を振り返る。10年間の思い出動画がスクリーンに映し出されると、男泣きする進藤牧師の姿があった。

「罪友」では、刑務所から出所してきた人、人生をやり直したいと考えている人が教会に住み込んで「やりなおしまでの伴走」を続けている。現在、罪友に住み込んでいるTさんもその一人だ。Tさんが、初めて進藤牧師に会いにきたのは、今年7月の末。進藤牧師が、東京・御茶ノ水で開いている集会「ザアカイの家」を訪れた時だった。派手なシャツに香水のかおり、どこかギラギラとした目つきは、一目で「その筋」の人と容易に想像ができた。しかし、こうした青年が進藤牧師のもとを訪れる時、進藤牧師は「ワクワクする」のだと話す。「おそらく世の中に迷惑ばかりかけてきたこの青年が、これからどんな風に変わっていくのか、どのように神様に変えさせられ、導かれていくのか・・・それを見るのがとても楽しみなのです」と話す。初めて教会にやってきたというTさんは、「教会って初めて来たけど、ヤクザの世界とどこか似てますね。みんなが兄弟みたいで温かい」と話した。

Tさんは、北海道室蘭市で生まれ育つ。2歳の時に両親は離婚。一人っ子だった。「離婚後は、母親の実家に投げ込まれた」とTさんは言う。母親は仕事や自分のさまざまな事情を優先させ、なかなか家に戻らなかった。Tさんが7歳の時に、母親が突然再婚。再婚相手と母親、自分の3人での生活が始まった。両親共働きだったので、学校から帰ると一人だったという。「いつも一人ぼっちで寂しかった」とTさんは話す。中学校に入学してからは、寂しさを紛らわすため、同じような友達と遊ぶようになった。寂しさを友達と悪さすることで紛らわせていた。地元の高校に進み、すさんだ生活は続いたが、なんとか卒業。

その後は、覚せい剤の売人、闇金融のアルバイト、お金になりそうなことは何でもやった。「悪いことをしているという意識は?」と尋ねると、「あんまりなかったですね。『バレなきゃいいや』と思っていました」と話す。29歳で、日本有数の暴力団のメンバーに。

「いつか『島持ち』になるのが当時の夢でした」とTさんは話す。「島持ち」とは、縄張りのリーダーになることだという。「ヤクザの世界では、一つのステータスですよね」と説明してくれた。

薬物の売人をしていたTさんは、次第に自身も手を染めるように・・・。しかし、警察の目から逃げることはできず、逮捕。Tさん、35歳の時だった。初犯だったため、執行猶予付きの判決が下り、釈放された。Tさんのいた組織では、薬物に手を出すのは規律違反。組(クミ)に戻ることもできず・・・かと言ってカタギの仕事をしたこともなかった。フラフラと日銭を稼ぎ、2年ほどが経過したが、経済的にも行き詰まり、将来的な見通しも立たず、ヤクザの世界に戻ろうかなどと考えながら、インターネットで「ヤクザ」をキーワードに検索していると、「元ヤクザの進藤牧師」と書かれた動画や記事が続々と出てきた。なんとなく惹かれて、それらを見ているうちに「この人なら、俺を助けてくれるかもしれない」と思い、進藤牧師に電話をしてみることに。そして、7月末の初対面となった。

刑務所伝道シリーズ(10)元ヤクザから、子育て中のお母さんに伝えたいこと
腕の入れ墨を気にして、銭湯では一番端の席へ。汚れた過去があったが、後悔はしていないと話す。

あれから3カ月近くが経ったTさん。ギラギラした目は人懐こいやさしい目に、派手なシャツは、進藤牧師のお下がりの黒いTシャツになっていた。周りの人々に気を使い、誰よりもよく働く。年配者への配慮も忘れない。「今はどんな生活をしているのですか?」と尋ねると、朝4時半ごろ起床して、お弁当を作り、数週間前から罪友メンバーで塗装工を営む親方のもとで修行しているという。帰ってくると、近くの銭湯で汗を流して、夕飯を食べ、聖書を読み、祈る時間を持ってから就寝。そんな生活を月曜日から土曜日まで送り、日曜は礼拝へ。「俺が初めて出勤する日の朝、進藤先生のお母さんが『行ってらっしゃい』って見送りに来てくれたんですよ。帰ってきたら、熱い風呂を沸かして待っていてくれました。本当にうれしかった」と笑顔で答えた。親方に話を聞くと、「Tさんは、非常に真面目で筋もよい。何より、変えられていくのをこの目で見ることができるので、私も感謝でいっぱいです」と答えた。先日、数日分だが、お給料が出たのだとうれしそうに話してくれた。

「俺は、本当に寂しい幼少期を過ごしてきました。母親に『寂しいから帰ってきて』ということもできませんでした。今、子育てをしているお母さんたち、とても忙しいと思います。仕事をしている人もいるし、育児に家事にとやることがたくさんあるでしょう。でも、大きく道をそれてしまった俺から言えるのは、『1日10分でいいから、子どもの顔を見てあげてほしい』ということです。『学校どうだった?』と聞いてあげてください。一定の年齢を過ぎると、子どもたちは『別に』『普通』などと気のない返事をするでしょう。それでも、聞き続けて、ちょっとおかしいな・・・と感じたら、話を聞いてあげてほしい」とTさんは力を込めて話した。

暗く寂しかったTさんの人生に、突然差した大きな光。その光の下を歩む時、Tさんはもう一人ではない。いつも共にいてくださる神様が、どんな困難をも乗り越えさせてくれる。進藤牧師、罪友メンバーとともにワクワクしながら、Tさんのこれからを、祈りをもって見守りたい。

罪友では現在、住み込みの生活を支える献金と献品(缶詰、レトルト品、野菜など)を募集している。

【献金の振込先】
① ゆうちょ銀行 口座名:罪人の友 主イエス・キリスト教会
(ツミビトノトモシュイエスキリストキョウカイ)
記号:10310 番号:36450041
② ゆうちょ銀行 口座名:罪人の友 主イエス・キリスト教会 刑務所伝道ミニストリー
(ツミビトノトモ シュイエスキリストキョウカイ ケイムショデンドウミニスリー)
記号:10330 番号:62911571

また、罪友を密着取材したドキュメンタリー映画『ジュンブライド』が、米ロサンゼルス、ハワイ、岡山で上映されている。詳しくは、罪友ホームページ

<<前回へ     次回へ>>

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング