「今、ここに救いが始まる」―[罪人の友]ザアカイの家開所式

2011年11月21日08時47分 印刷
+「今、ここに救いが始まる」―[罪人の友]ザアカイの家開所式
開所式礼拝メッセージを伝える進藤龍也牧師=11月17日、お茶の水クリスチャン・センター(東京都千代田区)で

17日、東京お茶の水クリスチャン・センター(OCC、東京都千代田区)内の「東京プレヤーセンター(TPC)」で[罪人の友]ザアカイの家開所式が行われた。開所式には埼玉県川口市にある[罪人の友]イエス・キリスト教会教会員や、同教会牧師の進藤龍也氏を支援する人々が集い、定員50人のプレヤーセンター内に75人もの人々が開所式に集った。

開所式では基督聖協団西仙台教会牧師の中澤竜生氏、明るい社会づくり運動埼玉県協議会副会長の永瀬昌宏氏、NPO全国明るい社会づくり運動事務局広報の竹嶋克之氏が祝辞を述べた。

続いて、はれるや・デフ・スポーツ伝道団牧師の鷲尾繁氏がローマ書10章15節を引用して、祝辞のメッセージを伝えた。鷲尾氏は、「私たちが福音を聞き、生まれ変わったことを表し、導いていくことはとても素晴らしいことです。教会がここになければ滅びに導かれてしまう人たちが大勢います。神様は全ての人が救われて、真理を知るようになることを望んでおられます。[罪人の友]ザアカイの家を通して一人でも多くの人が福音で救われて、真理を掴み、実を結ぶものとなりますようにお祈りします」と手話通訳を介して伝えた。

その後進藤氏が「ザアカイ!急いで降りて来なさい」との題目で開所式礼拝メッセージを伝えた。進藤氏はルカの福音書19章に書かれてあるザアカイについて、自身の生と対比して「ザアカイはシャブ中ではありませんでしたが、(ユダヤ人から)お金を取り上げて、支配者ローマ帝国にお金を差し上げ、多く取り上げた分を自分の懐に入れていました。今の闇金、消費者金融にも似ています。ザアカイはイエス様を見たかったのですが、背が低くて見えないので木の上に登りました。そしてイエス様はさもザアカイに会うためにここを通ったかのように、ザアカイを見つけられました。クリスチャンはザアカイのように急いで降りて来たひとりです。僕は『罪人のかしら』だと思っています。そんな男です。でもイエス様は僕に会うためだけに東京拘置所の独居房に来てくださいました。『進藤龍也、わたしの所に来なさい』と。当時誰も相手にしてくれませんでした。女房子供も出て行き、ヤクザからもクビを宣告されました。これからどうやって生きていくのかというときに、イエス様が招いてくださり、それに『はい、行きます』と応答しました」と述べ、自身の信仰のきっかけを証しした。進藤氏はさらに、「ヤクザを救えないでどうして私が牧師をやっているといえるのでしょうか。牧師をやっている以上は罪人を救わなくて、わかりやすい罪人を救わなくてどうするのでしょうか?世の中を良くするには、犯罪者の心が変わらなければ、再犯は防げません」と罪人を救う熱意を伝えた。

またザアカイと金持ちの青年を対比し、「当時のローマの法律ではだまし取ったお金は4倍にして返すことになっていました。ザアカイは法律的にちゃんと責任を負うというそこまでの悔い改めをしました。同じ時代金持ちの青年も(イエス様のところに)やってきました。力の限り神様を愛し、隣人を愛していると言いましたが、持ち物を全部施すことはできませんでした。しかし、ザアカイにはこれができたのです」と伝えた。

また、福音の伝道者として、「僕より前科が多い人はなかなかいません。私が生ける見本にならなければ。『私を見ないで神様を見て』という信仰はだめです。神様は信じたクリスチャン一人一人を通して、ご自身を表そうとしておられます。自分の信念・行動が神様を表します。だから『私を見なさい、私が証拠、神様は生きて働いておられる』という証拠を、私を通して見せていくのが、本当の神様の息吹を伝えることだと思っています。まさにこの地上で復活することでもあります。いろんな祝福を全部私たちが持っていることを証ししていこうではありませんか。それが私たちの役目です」と述べ、「今ここに救いが始まります。素直にあなたに従います。罪人に過ぎないけれども、あなたの十字架で贖われ、イエス様に愛された存在です。どんなに誰かが私たちを批判したとしても、私たちはイエス様の目から高価で貴い存在です。皆さんに祝福があるように」と祈りを捧げた。

OCC404号室にあるTPCは、東京都心で365日神への祈りと礼拝を捧げることができる場所として今秋オープンした。TPCでは、都心のノンクリスチャンの伝道の拠点となる他、クリスチャンにとっても365日祈りと礼拝が捧げられる場所として用いられていく予定である。TPCの代表は和氣敏治氏、理事長に中野雄一郎氏、理事に岸義紘氏、増山浩史氏が就任、14日にTPC開所感謝礼拝が行われた。

TPCでは毎日午前8時~午前10時と午後5時~午後7時までの2回にわたって祈祷会が行われる他、正午12時から午後2時まで、日曜日も含めて毎日礼拝が行われ、誰でも気軽に参加できる。礼拝のメッセージは中野氏、和氣氏およびJTJ宣教神学校卒業生たちが担当するという。

その他の時間においては、会堂を持たない教会に対して礼拝場所として貸し出したり、聖書教室やゴスペル教室などキリスト教活動のための教室として使われるという。

[罪人の友]ザアカイの家は毎週木曜日午後7時から2時間、TPCにて礼拝が行われる。進藤氏は「東京の真ん中のお茶の水で週2時間の間借り教会とはいえ、格安でお借りできることこそ主の油注ぎです。今日は歴史的な日です」と同氏のブログで伝えた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

鎌倉街道160キロを歩いて伝道 「ウォーク・ウィズ・ジーザス」始まる

「神に不可能はない」 癒やしの伝道者デービッド・テーラー氏が来日講演

北米トヨタ副社長らがメッセージ、国家朝餐祈祷会で祈り会とビジネス信徒セミナー

「教会の役割は大きい」 ジーザス・ジューン・フェスティバルで「がん哲学外来」の樋野興夫氏が講演

華僑への伝道に携わって 荘明義・横浜華僑基督教会長老

次世代、青年層への伝道に関して思うこと 万代栄嗣・日本福音宣教会松山福音センター主任牧師

過去最多14カ国の駐日大使らが出席、国の指導者と世界の平和のため祈る 第19回国家朝餐祈祷会

学年の成績上位者から一転、10代でヤクザに 刑務所で出会った聖書と人生の恩師

「キリスト病」にかかってしまった元山口組系総長(2)夢による啓示、祈りの中で与えられた数々の導き

「キリスト病」にかかってしまった元山口組系総長(1)3度目の差し入れで読んだ聖書 「最初の一節で確信した」

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース