東京都:イラクの少女が伝える戦争と平和 ハウラさん&イブラヒムさん来日トークイベント

2015年7月28日17時59分 印刷
+東京都:イラクの少女が伝える戦争と平和 ハウラさん&イブラヒムさん来日トークイベント

白血病を乗り越えたハウラ・ジャマルさんと、NPO法人「日本イラク医療支援ネットワーク」(JIM−NET)の現地スタッフとして、イラクで小児がんの子どもたちを支え続けているイブラヒム・ムハンマドさんが来日し、ワークショップとトークイベントを通してイラクの現状を伝える。

ハウラさんは、イラク戦争で使われた劣化ウラン弾によって9歳で白血病を発症するが、闘病の末、見事に白血病を乗り越えた。イブラヒムさんの妻も劣化ウラン弾で被ばくし、白血病を発症。JIM−NETが支援し、イブラヒムさんも献身的にサポートするが、2005年に帰らぬ人となった。今回のイベントでは、現代を生きながら、戦争の悲惨さを身を持って知る2人から、直接話を聞く貴重な機会となる。

ワークショップ、トークイベントともに要予約。詳しくはホームページを参照。

■ 日時:2015年8月9日(日)
■ 会場:パルシステム生活協同組合東新宿本部2階
(東京都新宿区大久保2−2−6 ラクアス東新宿、地下鉄「東新宿駅」徒歩5分)

第1部:ワークショップ「赤べこの絵付け」(午後1時〜2時)
対象:小学生以上の子どもと保護者

JIM−NETは東日本大震災後、福島県会津の「赤べこ」を中東の子どもたちに届けている。中東と福島をつなぐ「赤べこ」に絵付けをしながら、世界で起きていることを身近な問題として感じ、考える企画。

第2部:トークセッション「白血病を乗り越えて」(午後2時〜4時)
出演:ハウラ・ジャマル、イブラヒム・ムハンマド、佐藤真紀(JIM−NET事務局長)

■ 参加費:赤べこの絵付け200円、トークセッション500円
■ 申し込み:専用フォーム
(定員:絵付け15人、トークセッション100人、7月31日締め切り、申し込み多数の場合は抽選)
■ 問い合わせ:JIM−NET(電話:03・6228・0746、メール:info-jim@jim-net.net)

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース