罪なし版フェイスブック? 「Facegloria」登場、1カ月で10万人登録

2015年7月7日16時06分 翻訳者 : 木下優紀 印刷
+罪なし版フェイスブック? 「Facegloria」登場、1カ月で10万人登録
「フェイスグロリア(Facegloria)」のトップページ

ソーシャルメディアの利用によって罪を犯すことを恐れているクリスチャンは、今やそうした恐れを持つことなくソーシャルメディアを安心して利用できる。ブラジルのプロテスタントのグループが、フェイスブックの「sin free(罪なし)」バージョンともいえるような、新しいソーシャルメディアを立ち上げたからだ。

創設者の一人で、ウェブデザイナーのアティラ・バロスさんはAFP通信に対し、「フェイスブックは暴力やポルノであふれています。だから私たちは、神や愛について語り、御言葉を広めることができるネットワークを創出することを考えつきました」と語った。

バロスさんたちが立ち上げたのは、フェイスブック(Facebook)の「Face」と、ラテン語で「栄光あれ」を意味し教会で良く使われる「gloria」から名付けた「フェイスグロリア(Facegloria)」。フェイスブックによく似ているが、明らかな違いが幾つかある。フェイスブックではおなじみの「いいね!」の代わりに、「アーメン」をクリック。ユーザーにより良い体験を提供するため、暴言や暴力、性的表現の投稿は禁止されており、投稿はボランティアのグループがチェックするという。

「私たちは道徳的にも技術的にも、フェイスブックより良いものでありたいと願っています。ブラジルの全てのプロテスタントの方に、フェイスグロリアに移行してもらいたいです」とバロスさんは語り、驚くべきことにたった1カ月間で10万人が登録したと述べた。

「これからの2年間に、ブラジルで1000万人のユーザーを得たいと願っています。スマートフォンのアプリのおかげで、1カ月で10万人を得て、2カ月ではさらに大きな成長を期待できます」とバロスさんは話す。

AFP通信は、このフェイスグロリアのドメインは「全ての可能な言語」で購入されており、将来的には世界中でフェイスグロリアが利用できるようになるだろうと伝えている。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース