米共和党行政官、iPadの聖書アプリで宣誓

2014年1月11日15時14分 印刷
+米共和党行政官、iPadの聖書アプリで宣誓
(写真:Ed Betz)

米ニューヨークのある公務員が、聖書を持ちこめなかったため、iPadの聖書アプリを使って宣誓し、職務に就いた。

ナッソー郡の行政官エドワード・マンガノ氏(共和党)は、彼の第2期目の就任を聖書アプリがインストールされた米アップル社のタブレット・iPadと共に告げ、固定資産税を低くし、もっとビジネスを活発にすると約束した。この人気の行政官は、共和党、民主党の両党から支持を集めたことで、昨年11月に行われた選挙で民主党のトーマス・スオーズィ氏に競り勝っている。

民主党の知事アンドリュー・クオモ氏と、ニューヨークの上院議員チャック・スカマー氏は、エドワード氏を支持した人々であり、彼の第2期目の就任が決まったことに対し、希望と興奮を表した。

「今日から4年前を振り返って、エドワード・マンガノ氏のリーダーシップにより、ナッソー郡がより良い郡、より強い群、そしてより安全な郡、そしてより豊かな郡になっていることについて、何の疑いもない」と、クオモ氏は支持の意を表している。

行政官が電子聖書を使って職務就任を宣誓したのは今回が初めてというわけではない。2013年2月には、ニュージャージー州アトランティック市の消防士がiPadの聖書アプリを使用し職務就任を宣誓している。

聖書アプリは、アップルのアプリストア「iTune Store」で最も人気の高い製品の1つであり、昨年8月には、聖書アプリの1つ「YouVersion」の総ダウンロード件数が1億回を超えた。「iTunes Chart」では、3年間連続トップ100無料アプリの中にランクインしている。

また、2012年には、聖書の句節は3100万回以上ツイッターやフェイスブック、メールやテキストメッセージでシェアされたとされており、ソーシャル・ネットワーク化が進む現代社会において、聖書アプリの存在感がますます強まっている。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース