マザー・テレサの最初の後継者シスター・ニルマラが帰天 神の愛の宣教者会前総長

2015年6月24日16時56分 記者 : 行本尚史 印刷
+マザー・テレサの最初の後継者シスター・ニルマラが帰天 神の愛の宣教者会前総長
23日の夜半過ぎに帰天した「神の愛の宣教者会」のシスター・ニルマラ・ジョシー前総長(写真:インド・クリスチャントゥデイ)

インド東部のコルカタにある女子修道会「神の愛の宣教者会」を創立した福者マザー・テレサの最初の後継者、シスター・ニルマラ・ジョシー同会前総長が、23日の夜半過ぎに心臓疾患などのため帰天した。81歳だった。バチカン放送局やインド・クリスチャントゥデイなどが伝えた。

同会の役員によると、シスター・ニルマラはこの2、3日間、体調がすぐれなかったという。また、インドの英字宗教紙「マターズ・インディア」は同日、シスター・ニルマラは腎不全やその他の病気を併発していたと伝えた。医師たちから透析を受けるよう助言されていたが、最期の時間を他のシスターたちと過ごすことを選んだという。バチカン放送局などによると、病院でイエズス会司祭によるミサが行われた後、シスター・ニルマラは19日に退院していた。

「シスター・ニルマラの生涯は奉仕にささげられ、貧しい人たちや恵まれない人たちを大切にした。彼女の逝去で悲しんでいる。彼女の魂が安らかに眠らんことを」と、インドのナレンドラ・モディ首相はツイッターでコメントした。

また、コルカタがある西ベンガル州のママタ・バネルジー州首相もツイッターで、「マザー・テレサの後に神の愛の宣教者会の責任者を務めたシスター・ニルマラの逝去で悲しんでいる。コルカタと世界は彼女がいないことを惜しむだろう」とコメントした。

シスター・ニルマラ・ジョシーは1934年7月23日、インド東部の都市ランチで、ネパール出身のバラモンの兵士のもとに生まれた。両親はヒンズー教徒であったが、シスター・ニルマラは西ベンガル州に隣接するビハール州の州都パトナでキリスト教の宣教師たちによる教育を受けた。その後、マザー・テレサに初めて出会い、活動を共にしたいと願い出た。そしてカトリック信者となり、17歳で神の愛の宣教者会に加わった。

97年3月、マザー・テレサが亡くなる約6カ月前、同会の総長に選出された。2009年3月、コルカタで開かれた総会で、シスター・メアリー・プレマがシスター・ニルマラの後継者に選ばれた。

インド政府は09年、同国に対するシスター・ニルマラの奉仕をたたえて、インド国民に贈られる2番目に格式がある勲章であるバドマ・ビブーシャン勲章をシスター・ニルマラに授与した。

シスター・ニルマラの遺体は、コルカタのシアルダーにある聖ヨハネ教会に安置され、24日にコルカタ郊外のテングラ地区にあるマザー・ハウスに移される。葬儀は現地時間の同日午後4時から同会本部で行われる。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース