カンタベリー大主教、インド訪問 マザー・テレサの墓など

2010年10月20日16時29分 印刷

【CJC=東京】16日間の日程でインド訪問を始めた英国国教会の霊的最高指導者カンタベリー大主教ローワン・ウイリアムズ氏は10月9日、インド北東部コルカタに到着した。念願だったマザー・テレサの墓を訪ねてから、マザーが創設した『神の愛の宣教者会』を訪問、会員たちに挨拶、『マザーの家』や隣接したシシュババン孤児院を訪問した。

翌10日、大主教は聖パウロ大聖堂で行なわれた国連『ミレニアム開発目標』(MDGs)のための祈祷日ミサで説教した。大主教はキリスト者が貧困撤廃目標を単に政府の関心事と見るのでなく、自らの共同体内部で推進すべきものだ、と語った。

その後、大主教は北インド教会が運営するエイズ患者のためのホスピス、看護学校を訪問した。

大主教は14日、中部ナグプールで北インド教会40周年記念式典に列席した。同教会は英国国教会、バプテスト、ブレスレン、会衆派、デサイプル、メソジスト、長老派の連合体。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース