隣人の足を洗えますか? 愛とへりくだりの儀式 聖木曜日の洗足式

2015年4月3日13時42分 記者 : 坂本直子 印刷
+隣人の足を洗えますか? 愛とへりくだりの儀式 聖木曜日の洗足式
洗足式で子どもの足を洗うアルメニア使徒教会の主教(写真:Psalm Tours)

日本でも最近、イースターの呼び方で周知されつつある復活祭。イエス・キリストが復活したことを祝う記念日だ。キリスト教会では、復活祭当日だけでなく、それまでの46日間をレント(四旬節)、また特に復活祭前日までの1週間を聖週間、受難週などと呼び、イエス・キリストが受けた苦難を覚える特別な期間として大切にしている。この期間には、教会や教派によって違いはあるものの、さまざまな行事が行われる。「聖木曜日」と呼ばれる復活祭前の木曜日に行われる「洗足式(せんぞくしき)」もその一つだ。

ヨハネによる福音書13章1〜17節には、最後の晩餐の席で、イエス・キリストが弟子たちの足を洗ったと記述されている。イエスはその際、「主であり、師であるわたしがあなたがたの足を洗ったのだから、あなたがたも互いに足を洗い合わなければならない」と述べており、洗足式はこの記事をもとにした儀式。

東京都太田区にあるカトリック田園調布教会では、毎年、聖木曜日に洗足式が行われている。今年の聖木曜日となる2日、主の晩餐のミサが執り行われ、その中で洗足式が行われた。イエス・キリストが最後の晩餐で足を洗ったのは、12人の男性の弟子たちであったことから、同教会でも事前に12人の洗足希望者を集い、実際に洗足の儀式に臨んだ。

司祭から、イエス・キリストが最後の晩餐で、愛とへりくだりを弟子たちに示したことが話されたあと、祭壇の前に12の椅子が用意され、洗足式が始まった。典礼聖歌402番を「仕えられるためではなく、仕えるためにきた」と賛美する中で、水を注ぐための水差し、たらい、そしてタオルを持った子どもたちと共に、司祭が12人の前にかがんだ。そして、司祭自らが一人ひとりの右足を取り、水差しで水をかけ、足を洗った。

「神の子は仕えるために弟子の足を洗った」ことを体験するこの儀式のあと、司祭から「主に倣って生きられるよう祈りましょう」と呼び掛けがあり、会堂に集った多くの人々が、隣人、平和のために祈りをささげた。

最後の晩餐のあと、イエス・キリストは捕えられ、翌日十字架にかかり殺されることになる。この日の主の晩餐のミサでは、最後に司祭たちが祭壇に向かい祈りをささげたあと、祭壇に敷かれクロス、ろうそく、花など全てのものが取り除かれ、これから十字架にかかるイエス・キリストの受難を表わした。

受難の苦しみを追体験することは、信仰の基礎。形式や方法に違いはあっても、イエス・キリストの受難を信仰者として受け止め、主の復活を心から感謝したい。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース