長崎教会群、世界遺産登録に向けて 県知事が教皇に謁見

2015年1月24日20時14分 印刷
+長崎教会群、世界遺産登録に向けて 県知事が教皇に謁見
「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の構成資産の一つである頭ヶ島天主堂(長崎県新上五島町)(写真:Mikio Goto)

16日の閣議で、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」(日本推薦枠)及び国立西洋美術館(「ル・コルビュジエの建築作品」(フランス推薦枠)の構成資産の一つ)について、30日までに正式版の推薦書を国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産センターへ提出することが了解されと、文化庁が発表した。

「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の2016年世界遺産登録に向けて、大きく前進したことになる。今後は、今年の夏から秋ごろ、国際記念物遺跡会議(イコモス)による現地調査が行われ、2016年4月から5月ごろ、イコモスによる評価結果の勧告、同年6月ごろ、第40回世界遺産委員会で審議が行われる予定だ。

世界文化遺産登録への支援要請などのため、中村法道長崎県知事らの長崎県訪問団が8日間の日程で欧州を歴訪していたが、22日、ローマ近郊の空港からドイツを経由して羽田空港へ到着、帰国した。訪問団は、中村知事を団長に教会群の構成資産がある県内5市2町の市長、町長ら20人で、バチカン、パリのユネスコ本部、オランダなどを訪問した。

長崎新聞によると、中村知事は21日にバチカンで行われたローマ教皇フランシスコの一般謁見(えっけん)に参列し、教皇と直接対面したという。一般謁見が行われたのはサンピエトロ大聖堂近くの謁見ホールで、世界中から大勢のカトリック信者が集まった。

ステージ前に着席を許された知事は入場してきた教皇と握手し、「今年は信徒発見150年と被爆70年です。ぜひ長崎へお越しください」と語り掛けた。知事によると、教皇は「ありがとう」と答えたという。「教皇の手は温かかった。教皇のご来県を願う熱意は伝わったと思う」と話した。

読売新聞によると、教皇庁国務省のピエトロ・パロリン長官は、教皇の国外訪問スケジュールが発表済みのため今年の来県は難しいとの見通しを示した上で、「まだ全てを決めているわけではない。皆さんの強い思いは教皇にお伝えする」と話したという。また、同庁文化評議会のジャンフランコ・ラバーシ議長は教会群の世界文化遺産登録を後押しするため、ユネスコに推薦状を送付する考えを表明したという。

中村知事は、16日の閣議了解を受けて、「今後は、関係県市町等とさらなる連携を図り、構成資産の万全の保護措置はもとより、国際記念物遺跡会議(イコモス)による審査等に適切に対応するとともに、一層の気運醸成や、受入体制の整備など、平成28年の登録に向けて全力を傾注してまいります」とするコメントを発表している。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース