「気候変動の補償を貧しい国に」 南インドの聖公会主教

2014年12月10日21時45分 翻訳者 : 木下優紀 印刷
+「気候変動の補償を貧しい国に」 南インドの聖公会主教
アングリカン・コミュニオンの環境担当主教であるトーマス・K・オーメン主教(写真:南インド教会)

アングリカン・コミュニオンに属するインドの南インド教会副議長は、先進国に気候変動の影響について貧しい国に補償することを求めている。

南インド教会のマディア・ケララ教区主教と同様、同教会内で2番目の地位にあるトーマス・K・オーメン主教は、アングリカン・コミュニオンの環境担当主教でもある。オーメン主教は自身の文書で、気候変動について「キリスト教徒の環境主義の広まりよりも、社会正義の問題」と述べている。

そして、「故に、南インド教会の400万人の信徒は、気候変動に責任のある人が開発の枠組みとライフスタイルを変えるべきだと求めます」と続けている。

「豊かな国は、貧しい国に起きているダメージを補償しなければなりません。発展途上国は発達段階を上がるのに苦闘しています。豊かな国は、貧しい国の負債を帳消しにするべきです。先進国は、貧しい国に技術的知識を渡すべきです」

オーメン主教の文書「環境に対するパラダイムとライフスタイルを変えよう」(英語)はこちら

※この記事はACNSの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース