南インド教会(CSI)

南インド教会が創立70周年、国内最大の合同教会 エキュメニカル運動の結実

南インド教会が創立70周年、国内最大の合同教会 エキュメニカル運動の結実

聖公会の世界共同体「アングリカン・コミュニオン(全世界聖公会)」の一員であり、インド最大の合同教会である南インド教会(CSI)が9月25日〜27日、同国南部の都市チェンナイで創立70周年の祝賀行事を行った。

2017年10月06日16時13分

南インド教会、財務上の不正行為の嫌疑で捜査受ける

南インド教会、財務上の不正行為の嫌疑で捜査受ける

聖公会の世界共同体「アングリカン・コミュニオン」の一員である南インド教会(CSI)が、インドの企業省重大不正捜査局から財務上の不正行為の嫌疑で捜査を受けている。同教会は、いかなる不正行為もないとしている。

2016年07月13日21時03分

南インド教会の議長、カースト差別をやめるよう要求 ダリットの学生自殺事件で

南インド教会の議長、カースト差別をやめるよう要求 ダリットの学生自殺事件で

1月17日のベムラさんの死は、ダリットやインドの「低い身分のカースト階級」が直面している差別が続いていることについて、インド全体で抗議や怒り、そして論争や幅広いメディアの注目を引き起こした。

2016年02月04日16時57分

インドのチェンナイ洪水でクリスマスの祝祭中止、パキスタンのペシャワールでは治安改善で復活

インドのチェンナイ洪水でクリスマスの祝祭中止、パキスタンのペシャワールでは治安改善で復活

南インド教会(CSI)マドラス教区の「元気に満ちた」クリスマスの祝祭は、議長が洪水の被災者救援に焦点を絞るよう呼び掛けたことで中止となった。しかし、パキスタン教会ペシャワール教区では、治安状況の改善でクリスマスのにぎわいが2年ぶりに復活するという。

2015年12月18日21時59分

「気候変動の補償を貧しい国に」 南インドの聖公会主教

「気候変動の補償を貧しい国に」 南インドの聖公会主教

アングリカン・コミュニオンに属するインドの南インド教会副議長は、先進国に気候変動の影響について貧しい国に補償することを求めている。

2014年12月10日21時45分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース