キリスト教学校教育同盟、一般社団法人へ移行

2014年11月30日23時45分 印刷

日本のプロテスタント系キリスト教学校法人98法人が加盟するキリスト教学校教育同盟が、一般社団法人の認可を受け、10月15日付けで同法人格へ移行した。同団体が公式サイトで発表した。今後、一足早く昨年に一般財団法人化したキリスト教学校教育同盟維持財団と組織統合する方向で作業を進めるという。

同団体理事長の佐藤東洋士氏(桜美林学園理事長・学園長)は一般社団法人化を受け、同団体の機関紙「キリスト教学校教育」(2014年11月号)で、「先人たちが残してくださった有形無形の財産をしっかりと受け継ぎ、次世代に継承するために、さらなる発展にふさわしい体制が整備できればと願っています」と述べている。

今年創立104年目となる同団体は、1910年にキリスト教系の男子校10数校が「基督教教育同盟会」を組織したことに始まる。その後、女子校からなる「女子基督教教育会」(1913年設立)と1922年に統合。戦後に「基督教学校同盟」を経て現在の名称に改称、現在に至る。

同団体の定款では、その目的を「法人の会員に共通する問題点を研究し、キリスト教学校教育の充実発展を図り、我が国の教育に貢献することを目的とする」としている。また、この目的達成のための事業として、▼会員間の連絡及びその教育の充実助成、▼キリスト教学校教育に関する研究調査、▼会員学校の人事に関する紹介・支援、▼国内外関係各方面との連絡交渉などを挙げている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


教育の最新記事 教育の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース