来年1月10日全国公開 映画『サン・オブ・ゴッド』予告編公開!(動画あり)

2014年10月16日14時55分 印刷
+来年1月10日全国公開 映画『サン・オブ・ゴッド』予告編公開!(動画あり)
日本で来年1月10日から全国公開される映画『サン・オブ・ゴッド』(原題:Son of God)

来年1月10日に全国公開される映画『サン・オブ・ゴッド』の予告編が16日、公開された。

『サン・オブ・ゴッド』は、救い主(メシア)としてこの世に現れたイエス・キリストの誕生から復活までを聖書に忠実にたどりながら、歴史的な背景とその深淵に潜むミステリーを分かりやすく解き明かしたスペクタクル巨編。イエスの十二使徒の一人であるヨハネを語り手に進行する物語は、ラザロの復活をはじめとする、聖書に記された有名な奇跡のエピソードを織り込みながら、イエスが行った伝道活動の軌跡をたどる。

米国で今年2月に公開され、公開3日間で2650万ドル(約28.8億円)の興行収入を記録、3週連続でトップ10入りを果たした。一方、イエス役を演じる主演のポルトガル人俳優ディオゴ・モルガドは、映画史上最も端正な顔立ちのイエスとして、「イケメン過ぎる」と話題を集めた。

「すべての物語はここから始まる」というナレーションで始まる予告編では、病人を癒したり、5千人の群衆に食べ物を与える奇跡を行うイエスが描かれている。民衆の心をつかむイエスとそれを恐れる時の権力者。最後の晩餐、ユダの裏切り、鞭打たれ十字架につけられるイエス。「聖書を完全映画化」とうたった138分の同映画の迫力と魅力を、1分36秒の予告編は十分に伝える。

製作を務めるのは、「サバイバー」でテレビ界にリアリティ番組の革命を起こし、同作と「ザ・ヴォイス」でエミー賞に輝いた敏腕プロデューサーのマーク・バーネット。監督は、英アカデミー賞候補になった「Seven Wonders of the Industrial World」をはじめ、ドキュメンタリー・ドラマの第一人者として知られるクリストファー・スペンサー。音楽は、9作でアカデミー賞にノミネートされ、『ライオン・キング』で同賞を受賞しているハンス・ジマーが手がけるなど、スタッフには超一流の顔ぶれが集結している。

来年1月10日(土)に新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほかで全国公開される。

■ 映画『サン・オブ・ゴッド』予告編

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース