全米大ヒット映画『天国は、ほんとうにある』、12月日本公開決定(動画あり)

2014年10月6日10時32分 印刷
+全米大ヒット映画『天国は、ほんとうにある』、12月日本公開決定

4月に全米公開され、興行成績9千万ドル(約90億円)を超える大ヒットを記録した映画『天国は、ほんとうにある』が、12月13日(土)から全国上映されることが決定した。

米ニューヨークタイムズ紙のベストセラー作であるトッド・バーポ、リン・ヴィンセント共著による同名小説を映画化。小さな街で暮らす家族の実話に基づいたストーリーだ。

穿孔(せんこう)虫垂炎の手術で生死の境をさまよった3歳のコルトン(コナール・コラム)は、奇跡の回復の後、臨死体験で天国を旅したことを両親に打ち明ける。そこには、コルトンが知るはずのない、生前の出来事も含まれていた。真実を言い当てるコルトンに畏敬の念を抱いた牧師でもある父トッドは、自らの生き方を変えていく。

トッド・バーポ役には『リトル・ミス・サンシャイン』のグレッグ・キニア、『フライト』『ニューヨークの巴里夫(パリジャン)』のケリー・ライリーがソンジャ・バーポ役を演じる。監督は、『ブレイブハート』『仮面の男』のランドール・ウォレス。

■ 映画『天国は、ほんとうにある』予告映像

映画『天国は、ほんとうにある』公式サイト

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース