来年没後400年 キリシタン大名高山右近夫妻の像、生誕の地に建立へ

2014年10月15日13時44分 印刷
関連タグ:高山右近

戦国時代のキリシタン大名として知られる高山右近(洗礼名:ユスト=「正義の人」の意)が来年、没後400年を迎えることを記念し、生誕の地である豊能町などは、来年までに町特産の御影石を使って右近夫妻の石像を作る。

右近の妻・高山ジュスタも豊能町余野の出身で、豊能町や同町観光協会などが実行委員会を設立。「夫婦そろって豊能町の生んだ人物であることをこの石像建立によって全国に発信する」としている。建立予定場所は、町立高山コミュニティセンター「右近の郷」。石像は高さ2メートル近くで、地元産の高品質な黒御影石が使われる。

高山右近(1552~1615)は、安土桃山時代の優れた武将であり、茶道にも通じた教養人として誉れ高いが、何よりもキリスト教信仰を第一に貫いたクリスチャンとして有名だ。父である高山飛騨守の影響を受け、12歳で洗礼を受けた右近は、熱心に布教活動を行い、同時代を生きたキリシタン大名の蒲生氏郷や黒田官兵衛などにも多大な影響を与えた。

明石城主として生きていた右近だが、豊臣秀吉のキリシタン布教禁止令により、状況は一変。明石城主を捨て、キリスト教をやめれば領土を与えるという秀吉の勧めも受け入れず、各地を転々とする。1614年、徳川家康の大禁教令により、右近ら一行148人はフィリピン・マニラに追放となり、手厚く歓迎されるが、翌年、マニラで没した。

高山右近の列福(カトリックの福者に認定されること)を目指す動きは、右近が没した17世紀当時から始まっているが、現在運動を行っている「ユスト高山右近列福推進委員会」は、2015年の逝去400周年に合わせて列福されることを目指している。

今回建立される石像は来年中に完成する予定で、町では、年間を通して高山右近に関連したイベントを年間催す予定だ。

関連タグ:高山右近

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

「エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ」に見るSNS世代の複雑さと素直さ

元AKB48の竹内美宥さん、教会の音楽集会に出演 「苦しいとき、いつも神様に祈った」

有名俳優たちが聖書の世界を忠実に再現 無料アプリ「聴くドラマ聖書」、9月リリース

首都圏最古、かやぶき屋根の「旧手賀教会堂」を守ろう 柏市がふるさと納税活用したCF型募金

礼拝堂に「天使の歌声」が響き渡る! ゴスペル歌手チャリティ・ロックハートさん来日コンサートが大盛況

日本福音ルーテル熊本教会、国の登録有形文化財へ ヴォーリズ晩年の作

「トイ・ストーリー4」に描かれる人の生きざまのリアル

「存在のない子供たち」 誕生日も年齢も知らない・・・ 悲痛なリアリティーを投げ掛ける衝撃の一作

映画「パピヨン」 人間にとっての「自由」「解放」とは何かを問うこん身の一作

「紅型」と「バイブル」 造形作家・田口恵さん、宇都宮で作品展開催へ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース