米俳優ロビン・ウィリアムズ氏死去 彼が持っていた信仰とは?

2014年8月20日11時19分 印刷
+米俳優ロビン・ウィリアムズ氏死去 彼が持っていた信仰とは?
ロビン・ウィリアムズ氏=2011年(写真:Eva Rinaldi)

俳優でコメディアンのロビン・ウィリアムズ氏が今月11日、自宅で死亡しているのを発見された(自殺とみられている)。彼の信仰が彼の人生と死においてどのような役割を果たしていたのか、知りたい人は大勢いる。

ウィリアムズ氏はイリノイ州シカゴ市に生まれ、聖公会の家庭で育った。彼はしばしば自身のコメディパフォーマンスの中で、自身の信仰をオチとして使っていた。「僕にはこの原理主義ってやつがよく分からない。だって、僕は聖公会なんだからね。カトリックの甘さ控えめライト版。同じ宗教、罪は控えめ!」と、ウィリアムズ氏はジョークを飛ばしていた。

しかし後年、ウィリアムズ氏は自身の信仰に触れ、「物質よりも精神」という考えが、薬物とアルコール中毒を乗り越える支えとなったと話していた。また彼は2009年に心臓切開手術を受けていたが、それによって自分の殻が破られ、人間の死すべき運命をまざまざと感じることができたので、それはむしろ恵みだったと語っていた。

「いや、何とも、つい感情的になってしまう」と、ウィリアムズ氏は英ガーディアン紙に語っていた。「自分の周りの障壁を突き破ってくるんだ。自分の着ている鎧が本当に破られる。自分ではどうしようもない。自分自身を文字通り『切開』された気持ち。本当にやがては死ぬ存在なんだと感じたよ」

ウィリアムズ氏はうつ病、アルコール中毒、コカイン中毒と闘っていたが、彼の広報担当者によれば「最近は特に重度のうつ病と闘っていた」という。しかしながら、それにも関わらず、彼の自殺や精神的な病を批判する人々もいる。

「僕の人生だって生き地獄だったこともあれば、山あり谷ありだったさ」と、俳優のトッド・ブリッジス氏は米TMZテレビに語った。「だけど自殺なんてしたら、自分の子どもたちに、辛くなったらそういう逃げ道があるんだと教えることになる。ふんばって、神に助けを求めるべきなんだ。祈りが本当に効くのはそういう時だ。ロビン・ウィリアムズよ、安らかに眠りたまえ。探し求めていたものが見つかったとよいのだが」

皮肉にも、ウィリアムズ氏は死の4年前、有名人が死去するとかえって不死の存在になるということについて語っていた。「アメリカでは人が死ぬと神話化するんだ」と、ウィリアムズ氏はガーディアン紙に語っていた。

しかし、ウィリアムズ氏の死でおそらく最も受け入れ難いのは、あれ程の笑いと微笑の裏で、彼が途方もない痛みと苦しみと闘っていたという事実だろう。

「難しいのは、人は他人を型にはめたがるからだ」と、1991年に彼は米ロサンゼルス・タイムズに語っていた。「人はこんな風に考えるんだ。『あいつは躁(そう)の男。あいつはアドレナリンが出すぎの男。どうせ自慰してるんだろう。もうしてないのかな。だけど待てよ。あの躁の男は、実に静かな人も、実にコワい人も演じてたよな。えっと、うーん・・・』」

「彼は常に人物を演じていた」と、ラフ・ファクトリーの創設者で社長のジェイミー・マサダ氏は言う。「私は35年間彼を知っていたが、彼のことを本当に知ることはなかった」。ラフ・ファクトリーは11日の夜、ウィリアムズ氏を追悼して、劇場のマーキーに次のように書いた「ロビン・ウィリアムズよ、安らかに眠りたまえ。神を笑わせたまえ」

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース