貧しくともブルガリアの正教会や修道院に多額の献金 「聖人」と呼ばれる99歳の男性

2014年6月5日16時58分 記者 : 行本尚史 印刷
関連タグ:正教会
+貧しくともブルガリアの正教会や修道院に多額の献金 「聖人」と呼ばれる99歳の男性
ドブリ・ドブレフさん(写真:Scewing)

ドブリ・ドブレフ(Dobri Dobrev)さん。日本ではまだあまり知られていないが、自ら貧しいながらも、財政難の教会や修道院の再建のために最も多額の献金をする彼は、自らが住むブルガリアのみならず国際的な反響を呼んでいる。

地元のメディアによると、来月に100歳になるというブルガリア正教会の信徒であるドブリさんは、第二次世界大戦中にミサイルの爆発で耳が遠くなり、農業のほかは年金暮らし。月収は2012年当時で80ユーロ(日本円で約8000円)。「パンは神様がくださる。慈しみ深い人たちが私にパンを持ってきてくれるんだ」と地元メディアに語っている。

雨の降っていない日は、首都ソフィアから43キロ東にあるブルガリア西部の村からソフィアまで毎日旅をし、総主教庁があるアレクサンドル・ネフスキー大聖堂の出入り口でみんなにお辞儀をして、透明なプラスチックのコップを差し出しては寄付金を集めている。彼はそれを自分のためには一切使わず、銀行口座に預けてくれる友人を通じて、全てその大聖堂や修道院に献金をしているという。

「ドブリおじいちゃん」「ドブリ長老」と呼ばれる彼のことを物乞いだという人たちもいる。しかし彼自身は自分の行いは「施しであって、物乞いじゃない」と地元メディアのインタビューで語っている。その一方で、ドブリさんを尊敬する人たちの中には、彼をたたえるウェブサイトを立ち上げて「聖人」と呼ぶ人たちもいる。またフェイスブックでは、ドブリさんのページに「いいね!」をした人が1万人を超えている。

もっとも、ブルガリア正教会では、今のところ彼を聖人とするという発表はしていない。同正教会総主教庁の公式ウェブサイトには、ブルガリア語からの翻訳で観る限り、彼に関する情報もない。しかし、昨年、ユーチューブにアップロードされた同国のテレビ番組がドブリさんを取り上げた動画(The Elder Dobri Dobrev of Baylovo Bulgaria EnglishDobri Dobrev the saint Eglish Version Translation)には英語字幕が付けられ、その視聴者は6万人前後にものぼっている。

その動画に出てくる同大聖堂の司祭による説明では、ドブリさんは2012年に35700レヴァ(約200万円、当時の為替比率で1レヴァ=約55円)も献金したと記録されており、この何十年もの間では最も多額だという。

その動画でのインタビューで、「テレビは持っていますか?」と聞かれたドブリさんは、「これらのものは悪魔の仕業だ。私は受け入れない」「新聞もだ。それはみんなウソや欺瞞だらけ」と手厳しい。だが、その真摯な信仰生活は、多くの人々の胸を打つ。

正教会のニュースメディアであるプラヴミルは3月、北米セルビア教区のトマス・カジック神父による「捧げる喜び 物乞いをしては教会を築き上げる人」という見出しの英文記事でドブリさんを紹介した。その中でドブリさんはこう語ったという。

「意思には二つあり、一つは神のもの、もう一つは悪魔のもの。そしてそれらは私たちの心の中で戦いを続けている。私たちは神の意思に従うべきだ。神が私たちを助けてくださるように!善意は正しく真のもの。この意思から出てくるものは全て善である」

子どものころにソフィアのアレクサンドル・ネフスキー大聖堂に通っていたという、日本に住むブルガリア出身のあるクリスチャン女性は、本紙に対し英文のメールで、「ドブリ・ドブレフさんのことは初耳です」としながらも、彼に関するそれらの動画や記事を見て、「とても感動的!神様は私たちにとても優しく、愛をもって、思いがけないかたちで諭してくださるのですね」と感想を語ってくれた。

関連タグ:正教会

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース