特定秘密保護法に反対する牧師の会、賛同者510人に

2014年1月24日11時26分 印刷

「特定秘密保護法に反対する牧師の会」(朝岡勝、安海和宣共同代表)の賛同者が20日までに510人となった。同会が21日明らかにした。昨年12月6日に特定秘密保護法が成立したことで発足した同会は、発足2カ月に満たないが、賛同する牧師が増し加わり、来月10日には同会編のブックレットも緊急出版する予定だ。

同会は「『特定秘密保護法に反対する牧師の会』が発足し、活動を始めることを、誰が2カ月前に想像できたでしょうか。日本の社会を覆う大きな闇に対して、全国の牧師が危機感を持ち立ち上がったのです」と、同会の意義を伝えている。

一方、「『牧師の会』発足以来、一つひとつのプロセスに主の導きがありました。自分の頑張りではどうにもならないことも、一緒にいてくださる神から習い、学び、押し出されることによって、そこから神の国が始まることを『牧師の会』の働きを通して体験しています」と証している。

2月10日に出版が予定されているブックレットでは、論考として、川上直哉氏(仙台市民教会牧師)、濱野道雄氏(西南学院大学准教授)、山口陽一氏(東京基督教大学教授)、弓矢健児氏(千里山教会牧師)が執筆、牧師たちの言葉として、佐々木真輝氏(北上聖書バプテスト教会牧師)、城倉啓氏(泉バプテスト教会牧師)ら30人が執筆している。その他、多くの教団やキリスト教団体が出した声明などの資料も豊富に掲載しているという。

同会の賛同者になるには、「所属教団・団体名」「教会名」「職名」を明記し、同会事務局のメールアドレス(anti.secretlaw.pastors@gmail.com)まで。問い合せは、同会事務局(住所:東京都板橋区徳丸6-24-10 徳丸町キリスト教会気付、FAX:03-3935-3445、メール:同上)まで。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース