先立ち行く主イエスに従い進む-マルコの福音書講解説教-(1) 宮村武夫牧師

2014年1月5日19時56分 印刷
関連タグ:宮村武夫
+宮村武夫牧師

イエス・キリストの福音のはじめ
マルコの福音書1章1節~13節

[1]序

(1)今回から、マルコの福音書を一歩一歩読み味わい進みます。1986年4月、首里福音教会の牧師として着任直後の第一主日の礼拝でヨハネの福音書を読み始めたのです。その後、聖書の他の箇所を味わいながら、ルカの福音書とマタイの福音書、そしてこのマルコの福音書を主日礼拝で取り上げ聴従してきました。

(2)この期間、まずマルコの福音書を各自が通読なさるよう心より勧めます。一度ならず、二度、三度と。さらに他の福音書も同じく通読できたら、それは嬉しいことです。

(3)十数年間、説教者が躁(そう)と鬱(うつ)の状態を繰り返す中、皆様の祈りと忍耐を通し、首里福音教会の主日礼拝の宣教・説教は支えられました。主治医の兄弟をはじめ、医療従事者が少なくない私どもの群れにおいて、私たちが直面している事態を直視し、深く理解しながら、なお恵みの御手に導かれてきました。その特別な恵みに対する心からの感謝の献げものとなるような主日礼拝をと、主にあって期待し祈りを重ねたのです。

(4)主の憐みを求めつつ、マルコの福音書味読を通し、「私の福音に言うとおり、ダビデの子孫として生まれ、死者の中からよみがえったイエス・キリストを、いつも思」(Ⅱテモテ2章8節)う生活を重ね、生涯の営みを続けたいのです。集中的また意識的にこの一事をなし、各自の持ち場・立場の週日の歩みの中での礼拝の生活に備えます。

[2]「荒野で叫ぶ者の声」(1~8節)

(1)1~3節
①1節・表題-「はじめ・アルケー」「福音の」「イエス・キリスト[御子・神]の」-
1節は、マルコの福音書全体、また1~13節の表題・何が書いてあるかを明示。

「はじめ・アルケー」、「福音(の)」。この言葉が当時の皇帝礼拝との関連で用いられていた事実に十分注意を払う必要があります。皇帝は平和をもたらす神王として崇拝されていたのです。その皇帝の誕生や即位の際、布告されたのが「福音・喜びのおとずれ」です。新しい時代が今日から始まると、喜びの音信が伝えられたのです。

ですから「福音」という言葉そのものは人々に良く知られており、この言葉を用い、使徒たちは、皇帝礼拝に鋭い挑戦をなしつつ、皇帝礼拝における喜びでなく、主イエスにあるただ一つの、真の喜びを宣べ伝えたのです。

「イエス・キリストの」福音が示す意味として、二つの可能性が考えられます。一つは、主イエスが教えた福音。もう一つは、主イエスについて(が主題)の福音。ここでは後者の意味と取りたいのです。しかし主イエスについての教えは、主イエスご自身がなされた教えに根差す事実を大切に。

②2、3節-旧約からの引用-
2節は、マラキ3章1節からの引用。マラキからヨハネが悔い改めのバプテスマを宣言するまで、約400年の年月が経過しています。今、ローマに圧迫されている現実のただ中で、もう一度解き放ちの御業がなされるのです。

3節は、イザヤ40章3節からの引用。「荒野で叫ぶ者の声」は、もともとイザヤ書においてはバビロン捕囚からの第二の出エジプトについて宣べ伝えています。聖書の世界では、荒野は寂しく孤独な場所を意味しないのです。荒野とは、主なる神による解き放ちを待ち望む場所であり、まさに福音を聴く場所なのです(参照・12、13節)。

(2)4~8節
①洗礼者ヨハネ(4~6節)
旧約聖書の預言に基づき、旧約から新約の転換期に立つバプテスマのヨハネ。

②さらに力のある方・主イエスによる聖霊のバプテスマ(7、8節)
ヨハネは自分自身の立場を深く自覚、「私には、かがんでその方のくつのひもを解く値うちもありません」(7節)と言い切ります。当時の奴隷は、どんな命令にも従う必要がありました。しかしそんな奴隷でも、他人のくつのひもを解くことまでは求められなかったと言われます。

誰にも求められないことにさえ、自分は相応しくないと、ヨハネは主イエスと自分が全く次元の違う存在である事実を明言しています。参照ヨハネ3章30節、「あの方は盛んになり私は衰えなければなりません」。

ヨハネは、「私よりもさらに力のある方」(7節)、「聖霊のバプテスマをお授けになる」(8節)と、主イエスを指し示しています。

[3]「御霊はイエスを荒野に」(9~12節)

徹底したキリスト信仰と徹底した聖霊信仰は、不可分。

(1)主イエスがバプテスマを受ける場面(9~11節)
バプテスマのヨハネを通して舞台装置が整う中、主イエスご自身の登場です。聖霊のバプテスマを授けるお方自身が、こともあろうに、ヨハネから罪の赦しのバプテスマを受けようとは。主イエスの福音とロ-マ皇帝のそれとの驚くべき違い!

ローマ皇帝のそれは、上へ上へと、他の人々を押し潰して進む道。何の値打ちもないと言うヨハネ、そのヨハネのもとで罪の赦しのバプテスマを受ける主イエス。まさに下へ下への道。

そのどん底で、9~11節なのです。

◆三位一体なる神ご自身の美しい啓示(ベールが取られる)の場面。まさに主イエス・キリストの福音のはじまり・アルケー。

(2)荒野の誘惑(12、13節)
「御使いたちがイエスに仕えていた」、マルコ1章31節、「彼女は彼らをもてなした」、そしてマルコ10章45節、「人の子が来たのも、仕えられるためではなく、かえって仕えるためであり、また、多くの人のための、贖いの代価として、自分のいのちを与えるためなのです」を注意深く参照。

[4]結び

(1)はじめ・アルケー
①はじめ・アルケーがいかに大切か
創世記1章1節「初めに、神が天と地を創造した」は、聖書全体・すべてのことごとの基盤。創造者を知り、信ずることの恵み。伝道者の書12章1節、「あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。わざわいの日が来ないうちに、また『何の喜びもない』と言う年月が近づく前に」。

②実例
「しかし、創造の初めから、神は、人を男と女に造られたのです」(マルコ10章6節)

「しかし、あなたには非難すべきことがある。あなたは初めの愛から離れてしまった」(黙示録2章4節)

「はじめの日とかわりなきこの愛をば受けませ」(聖歌601番4節)

(2)聖書全体を貫く荒野、そして私たちにとっての荒野とは
①バフテスマのヨハネが活動していたヨルダンの荒野、第二の出エジプトとしてのバビロンからの帰還、出エジプトに続く荒野での40年、さらにさかのぼりさかのぼって、エデンの園。そこで第一のアダムの敗北、しかし今荒野の誘惑において第二のアダム・主イエスが勝利。アダム・人間の本来の姿へと回復する道(参照・ローマ5章12節以下)。

②マタイ11章28節だけでなく、29、30節も(参照・16章24節)
ボンヘッファーのことば。「この点が、あらゆる宗教との決定的な相違点である。人間がもつ宗教は、人間が困窮に陥ったときに、この世において神の力を示す。ところがその場合の神とは、人間の陥っている境遇に、無理やり引き寄せられた『神』にほかならない。しかし聖書は、人間に神の無力と苦難とを示す。そしてこの苦しむ神こそが、人間に助けを与えることができる神なのである。その限りにおいて、〈この世が成人となる〉ということは、〈誤った神概念が一掃される〉ということであり、〈僕たちの目が解放され、その結果、この世の中で、『無力さ』によって『力』と『場所』とを獲得する聖書の神を見るようになる〉ということなのである」(『抵抗と信従』)

(3)テレビ「おしん」の中で読まれた、与謝野晶子『君死にたまふことなかれ』
イラク戦争を強硬に推し進めるアメリカ大統領など、指導者の少なくない人々が、若きとき徴兵逃避をした人々だとの指摘。


苦難の僕・王の王、主の主。「人の子が来たのも、仕えられるためではなく、かえって仕えるためであり、また、多くの人のための、贖いの代価として、自分のいのちを与えるためなのです」(マルコ10章45節)

参照聖歌733『ゲッセマネにふす』3番
「カルバリやまの 主をおもいなば
わがくるしみは もののかずかわ
十字架を負いて きみにしたがわん」

宮村武夫(みやむら・たけお)

1939年東京生まれ。日本クリスチャン・カレッジ、ゴードン神学院、ハーバード大学(新約聖書学)、上智大学神学部修了(組織神学)。現在、日本センド派遣会総主事。

主な著訳書に、編著『存在の喜び―もみの木の十年』真文舎、『申命記 新聖書講解シリーズ旧約4』、『コリント人への手紙 第一 新聖書注解 新約2』、『テサロニケ人への手紙 第一、二 新聖書注解 新約3』、『ガラテヤ人への手紙 新実用聖書注解』以上いのちのことば社、F・F・ブルース『ヘブル人への手紙』聖書図書刊行会、他。

関連タグ:宮村武夫

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース