使徒の働き味読・身読の手引き(25) 宮村武夫牧師

2013年10月22日13時39分 コラムニスト : 宮村武夫 印刷
関連タグ:宮村武夫
+宮村武夫牧師

バルナバ(慰めの子)
使徒の働き9章26節~30節

[1]序

前回まで、サウロのダマスコ途上の経験、またダマスコでの宣教活動について見てきました。印象深いダマスコ脱出の場面(25節)に引き続き、26節にはエルサレムに到着した様をルカは描いています。

このエルサレム訪問は、ダマスコでの困難を避けエルサレムに逃げ込むという消極的なものではなく、エルサレムでもイエスはキリストと力強く宣教することを目指し、エルサレム教会との交わりを求めていたのは確かです。

しかしエルサレムを訪問したとき、サウロは大きな困難に直面しました。ステパノを殺害し、エルサレム教会を迫害しサウロをダマスコに派遣した人々からすれば、サウロは裏切り者に見え、憎しみを買ったに違いありません。この事態をサウロも覚悟していたことでしょう。

サウロにとりさらに困難な現実は、エルサレム教会との関係です。「主の弟子たちに対する脅かしと殺害の意に燃えて」(9章1節)いたサウロが、今は巧妙な方法でエルサレム教会を内側から破壊しようとしていると恐れられても無理もないことです。ダマスコに人に手を引かれながら入っていったように、エルサレムでパウロは謙遜の限りを学び進むのです。

[2]バルナバは

このサウロをバルナバは引き受け、話を十分に聞き、的確な判断を下すのです。

さらにエルサレム教会とサウロの間を取り持ちます。その際、バルナバは最も効果的な方法を選びます。自らサウロを使徒たちの所へ連れて行き、サウロが「ダマスコへ行く途中で主を見た様子」や「ダマスコでイエスの御名を大胆に宣べた様子」を説明したのです。

27節と28節の行間に十分注意したいのです。使徒たちは、バルナバの説明を聞き納得したのです。そしてエルサレム教会全体にサウロを紹介し、教会はサウロを受け入れることができました。その結果、28節以下に見るようにサウロがエルサレムで宣教を進める道が開かれたのです。

このようにバルナバ(27節)は、ダマスコにおけるアナニヤのように、サウロのため背後で大切な役割を果たしています。バルナバもアナニヤ同様、主イエスと祈りの中で深い交わりを保ち生活しており、その主との交わりに立ち、サウロと使徒たち、さらにサウロとエルサレム教会の交わりを開き得たと考えられます。

[3]サウロは

バルナバの地味な役割を描いた後、サウロにスポットが当たり、「サウロは、エルサレムで弟子たちとともにいて自由に出はいりし」(28節)とあります。また、「ギリシヤ語を使うユダヤ人たちと語ったり、論じたりしていた」(29節)とサウロが特に専念した宣教活動を指摘しています。これは、あのステパノの宣教に通じるものです(6章8節以下参照)。

さらに「彼らはサウロを殺そうとねらっていた」とある通り、サウロもステパノと同様殉教の危険に直面します。この激しい動きの中で、サウロは心の奥深く、主イエスから委ねられる使命を悟って行くのです(22章17~21節)。サウロは、異邦人への宣教者としてはっきり自覚し、主イエスにより広い世界へ派遣されるのです。

22章21節、「すると、主は私に、『行きなさい。わたしはあなたを遠く、異邦人に遣わす』と言われました」を念頭に置き、「兄弟たちはそれと知って、彼をカイザリヤに連れて下り、タルソへ送り出した」(9章30節)を読みたいのです。

主イエスご自身がサウロを異邦人宣教へ派遣なさるのです。しかし殺害の危険にさらされているサウロを、エルサレム教会の兄弟たちが自分達の身の危険をも顧みず、カイザリヤへ連れて行き、そこから海路タルソへ送り出す方法を用いておられます。

サウロを見送る人々の中にバルナバもいたに違いありません。ただ一人の場合でも(27節)、群れの一人としても、バルナバは忠実に役割を果たします。

タルソを去ったサウロが再び使徒の働きの記述に登場するのは、11章25、26節「バルナバはサウロを捜しにタルソへ行き、彼に会って、アンテオケに連れて来た。そして、まる一年の間、彼らは教会に集まり、大ぜいの人たちを教えた。弟子たちは、アンテオケで初めて、キリスト者と呼ばれるようになった」です。この期間は紀元35年から42年までの7年間と考えられます。この間、バルナバもサウロもそれぞれに忠実な歩みを続けます。

[4]結び

「慰めの子」と呼ばれたバルナバの役割について深く教えられます。バルナバのような人物が今日も求められているのではないでしょうか。

宮村武夫(みやむら・たけお)

1939年東京生まれ。日本クリスチャン・カレッジ、ゴードン神学院、ハーバード大学(新約聖書学)、上智大学神学部修了(組織神学)。現在、日本センド派遣会総主事。

主な著訳書に、編著『存在の喜び―もみの木の十年』真文舎、『申命記 新聖書講解シリーズ旧約4』、『コリント人への手紙 第一 新聖書注解 新約2』、『テサロニケ人への手紙 第一、二 新聖書注解 新約3』、『ガラテヤ人への手紙 新実用聖書注解』以上いのちのことば社、F・F・ブルース『ヘブル人への手紙』聖書図書刊行会、他。

関連タグ:宮村武夫

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース