韓国基督教総連合会代表団、2014年の総会準備のためにWEAを訪問

2012年7月15日08時25分 印刷
+韓国基督教総連合会代表団、2014年の総会準備のためにWEAを訪問
WEA本部で記念撮影を行なった、(左から順に)CCKのチェ・ミョンオ総務とホン・ジェチョル代表会長、WEAのジェフ・タニクリフ代表、CCKのイム・ジョンスWEA準備委員会事務総長内定者。(写真:CCK)

韓国基督教総連合会(代表会長ホン・ジェチョル牧師、以下、CCK)の代表団が12日(以下現地時間)、世界福音同盟(WEA)のニューヨーク本部を訪問、2014年に韓国で開催されるWEA総会の準備に関する諸事項を確認した。

代表会長ホン・ジェチョル牧師と総務チェ・ミョンオ牧師、WEA総会準備委員会事務総長内定者のイム・ジョンス牧師(大韓イエス教長老会高神総務)などで構成された韓基総代表団はこの日、WEAのジェフ・タニクリフ代表、ブライアン・スティラー国際大使などに会った。参加者らは2014年10月に予定されているWEA総会に関連し、急速に変化する21世紀の福音主義教会の正しい方向を提示する世界的大祭典に値すると誓った。

この席で、CCKの代表団は、これまで行われたWEA総会準備委員会の構成などの状況を伝え、韓国と北朝鮮の平和のためのWEAとの協力事項についても議論した。両代表団の会議は2時間ほど行われた。

ジェフ・タニクリフ代表は「2014年韓国総会が歴代WEA総会の中で最も大きく、歴史的な大会として行われるものと信じている」と期待感を示し、これに代表会長ホン・ジェチョル牧師は、「2014年WEA韓国総会で、韓国と世界のキリスト教界が一緒に成長しつつ、外的成長と内的成熟をもたらす祭典になると韓国の多くの教会が期待している」と伝えた。

6年ごとに開催されるWEA総会は、それぞれの国の教会の指導者たちが参加し、世界の教会の懸案事項と課題について深く議論し、全世界の福音主義の教会の方向性を提示してきた。

韓基総代表団は、先に10日から11日の間ニュージャージー州トレントンの長老派教会で開かれた米州韓人キリスト教総連合会(代表会長ファン・ウイチュン牧師)の第14回総会に出席し、祝賀の挨拶を伝え、代表会長ホン・ジェチョル牧師は同総会期間中、朝と夕方に特別講演を行った。韓基総代表団は12日、WEAニューヨーク本部を訪問した後、韓国に帰国する。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース