北朝鮮、バチカンの食糧援助受け入れ

2012年7月3日10時44分 印刷
 【CJC=東京】カトリック系UCAN通信によると、食糧不足に直面している北朝鮮が、バチカン市国とは国交がないものの、国際援助協力団体「聖エディジオ共同体」(本部ローマ)の食糧25トン救援をこの5月に受け入れていた。

 「聖エディジオ共同体」のマウロ・ガロファロ代表は5月24日から30日まで、米穀、豆類、砂糖、油類を平壌南方100キロの地区にある高齢者施設と孤児施設への配布を確認するために北朝鮮を訪問した。

 食糧援助計画は、北朝鮮のハン・テソン駐イタリア大使の要請に応じたものという。

 ガロファロ代表は「外交官はしばしば共同体を訪れ、援助を要請した」と北朝鮮から帰国後、UCAN通信に語った。

 ガロファロ氏は、北朝鮮滞在駐は他の訪問者と同様、援助物資の到着と効率的な配布が行われているか確認を認められたものの、常に監視されていた、と語り、さらに第2回の配布は年内に計画している、と述べた。

 韓国でも「カリタス韓国」が食糧援助を計画したが、韓国政府は、4月初めのミサイル発射実験を受けて食糧援助を全面的に禁止している。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース