中国で今年初めての司教誕生

2012年4月24日10時23分 印刷
 【CJC=東京】中国カトリック教会四川省南充教区司教にヨセフ・チェン・ゴンガオ氏(47)が4月19日叙階された。中国での司教叙階は今年初めて。同氏の叙階は教皇の承認を得ており、中国政府も認めている。

 聖心大聖堂で行われた叙階式には約800人が参加、満員になった。唐山のペテロ・ファン・ジアンピン司教が式典を主宰した。寧夏のヨセフ・リ・ジン司教、万州のパウロ・ヘ・ゼキン司教らが協働司式した。司祭87人が参列した。バチカンから破門されている楽山のパウロ・レイ・シイン神父も司教の衣装をまとい参列、按手した。

 チェン司教は1964年生まれ。四川神学院を88年卒業、2年後に司祭叙階。

 南充教区は信徒8万6000人。司教1人、司祭11人、修道女11人で担当。2004年にミカエル・ファン・ウォゼ司教が死去後は司教座は空席だった。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース