リベリア

エボラ出血熱で命を落としかけたクリスチャン医師、再びアフリカへ 「神が扉を開いてくださった」

エボラ出血熱で命を落としかけたクリスチャン医師、再びアフリカへ 「神が扉を開いてくださった」

2014年に西アフリカで大流行したエボラ出血熱の治療活動中、リベリアで自身も感染し、命を落としかけた米国人のクリスチャン医師、ケント・ブラントリー氏(38)が、再び医療宣教師としてアフリカに向かうことになった。

2019年07月24日22時21分

エボラ出血熱と戦った医療宣教師たちのドキュメンタリー映画、来年3月に米公開

エボラ出血熱と戦った医療宣教師たちのドキュメンタリー映画、来年3月に米公開

西アフリカでエボラ出血熱に感染した2人の米国人援助従事者の真実の物語と、時間との闘いとなった彼らの帰国後の治療現場を取り上げた新作ドキュメンタリー映画「暗闇に立ち向かって(原題:Facing Darkness)」の公開へ向け、準備が進められている。

2016年10月13日14時58分

リベリア教会協議会、エボラ出血熱に対する奉仕で政府から勲章受章へ

リベリア教会協議会、エボラ出血熱に対する奉仕で政府から勲章受章へ

昨年から今年にかけて西アフリカで猛威を振るったエボラ出血熱に対し、リベリア教会協議会(LCC)が行った祈りと行動が認められ、同国政府から「アフリカの星の勲章」の勲3等に当たる「コマンダー(司令官)」という勲章が授与される。

2015年07月14日15時27分

リベリアの司教「私たちは再び見捨てられて世のくずとされてしまったのか?」

リベリアの司教「私たちは再び見捨てられて世のくずとされてしまったのか?」

リベリアのカトリック司教は、エボラ出血熱による危機の中で、自国民が「くず」のように扱われているという。また、同国で直面する課題は、複婚や移住、失業、父親的存在の欠如、家庭内暴力、子どもの人身売買、そして性観光産業も含まれると、彼は言う。

2014年10月19日23時01分

エボラ感染の米国人医師、生き延びた体験語る

エボラ出血熱にかかり先月退院した米国人のケント・ブラントリー医師。西アフリカのリベリアで、国際キリスト教支援団体「サービング・イン・ミッション(SIM)」の医師として働いていた。しかしある時、体の不調を感じた。

2014年09月19日16時54分

1日で死者約190人、エボラ熱死者2300人弱に

世界保健機関(WHO)は、西アフリカで猛威を振るうエボラ出血熱の死者が6日時点で、疑われる例を含め2296人に達したと発表した。

2014年09月16日16時30分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース