阿部志郎

尹基・田内基

「故郷の家」に見る多文化 尹基・社会福祉法人「こころの家族」理事長

国家間の相互依存性は、ますますその影響力を広げています。人々の移動、資本の流れ、多国籍組織の増加と科学の発展は、現代社会の相互依存性をより高めています。人口の移動は独特な民族生活文化を同伴するもので、本格的な多文化社会が始まったといえます。

2019年06月21日10時07分

北朝鮮問題を前に福祉のレジェンドが語る 阿部志郎氏 戦争体験を語る

日本はまだ福祉後進国 阿部志郎氏ロングインタビュー(2)

阿部志郎氏は大学時代、静岡県御殿場にあるハンセン病の療養所を訪れ、患者を手当てする看護師の姿を見て、とても美しいと思った。後になってその看護師が、ハンセン病患者の救済にささげた井深八重だったことを知った。

2018年01月04日6時55分

北朝鮮問題を前に福祉のレジェンドが語る 阿部志郎氏 戦争体験を語る

北朝鮮問題から戦争体験を語る 阿部志郎氏ロングインタビュー(1)

日本の社会福祉事業の「レジェンド」である阿部志郎氏(91)。横須賀基督教社会館の館長として50年にわたり地域福祉に貢献し、今なお同館会長として利用者に寄り添い続ける阿部氏に話を聞いた。

2018年01月03日7時02分

青学大ボランティアセンター開設1周年記念シンポジウム 阿部志郎氏が講演

チャペルで祈りながら弱さを支え合って 青学大ボランティアセンター開設1周年記念シンポジウム 阿部志郎氏が講演

ボランティアセンター開設1周年記念シンポジウム「”経験”×”繋(つな)がり”で更(さら)なる『発展』を!」が18日、青山学院大学総研ビル(東京都渋谷区)で行われ、同大名誉博士の阿部志郎氏(91)が基調講演を行った。

2017年11月30日6時43分

日韓国交正常化50周年で「老人指導者フォーラム」 両国の“人生の先輩”たちが共通の問題分かち合い交流

日韓国交正常化50周年で「老人指導者フォーラム」 両国の“人生の先輩”たちが共通の問題分かち合い交流

日韓国交正常化50周年を記念した「世界老人指導者フォーラム」が15日、都内のホテルで開催された。日韓両国の「人生の先輩」たちが集い、両国間の歴史的・政治的な対立と不信を超え、両国が同様に抱える高齢者福祉の問題を分かち合う交流の時を持った。

2015年09月22日19時21分

「故郷の家・東京」開設に向け来年1月再入札へ 日韓共生の老人ホーム、関東でも

社会福祉法人こころの家族は、東京都江東区に建設を計画している特別養護老人ホーム「故郷の家・東京」について、来年1月の再入札に向けた準備を進めている。来年の開設を予定していたが、建設費高騰により、今年3月の入札は不調に終わっていた。

2014年12月07日23時59分

明治学院大学で開かれたシンポジウムで発言する阿部志郎・神奈川県立保健福祉大名誉学長=4月29日

賀川思想の特色は「深い贖罪愛」 阿部志郎名誉学長

神奈川県立保健福祉大の阿部志郎名誉学長は賀川豊彦献身100周年を記念するキリスト教放送局FEBCの特別番組(23日放送)に出演し、賀川思想の特色はイエス・キリストの贖罪愛にあると指摘した。

2009年05月25日13時43分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース