ヒルソング・ユナイテッド、2度目の来日公演 72人が初決心

2006年11月25日09時24分 印刷
+ヒルソング・ユナイテッド、2度目の来日公演 72人が初決心
ヒルソング・ユナイテッドの賛美に共鳴する来場者。この日、72人が信仰の初決心をした=19日、青山学院大講堂(東京都渋谷区)で(写真:ユナイテッド・ライブ・ジャパン提供)

現代キリスト教音楽で有名なヒルソング教会(オーストラリア・シドニー)の賛美チーム「ユナイテッド」が19日、青山学院大講堂で来日公演を開催した。雨にもかかわらず青年を中心に約2000人が来場。同教会青年部(ヒルズ・パワーハウス)のクリシャーン・ジェアラットナム牧師がメッセージを取り次ぐと、72人が信仰を決心した。

ユナイテッドのメンバーは、日本の青年クリスチャンの活気に満ちた賛美に驚かされたと話し、神様が日本に働きかけていると証しをした。

ヒルソング教会はオーストラリアを拠点としたペンテコステ派の教会。ロンドン、イギリス、ウクライナ(キエフ)、パリに国際支部を持つ。ブライアン・ヒューストン、ボビー・ヒューストン両牧師が1983年8月に設立。アッセンブリーズ・オブ・ゴッド運動の流れを汲む。ヒルズ・クリスチャン・ライフセンターとして教会員45人と共に始まった同教会は、4年間で900人の会衆へと急成長した。

教会の音楽ミニストリーが発展したことを機に、年に一度クリスチャン・ミュージシャンの訓練と教育を目的とした「ヒルソング・カンファレンス」を開催。音楽宣教を担う信徒や指導者が毎年多数参加している。

ヒルソング・ユナイテッド、2度目の来日公演 72人が初決心
会場直後の様子。当日は、雨にもかかわらず2000人の青年が長蛇の列を作り、コンサート会場を埋め尽くした。

1990年代には「ヒルソング(Hillsong)」の名称で音楽CDをプロデュースし、オーストラリアをはじめ、世界各国で人気を集めた。日本でも現代キリスト教賛美の中心的な存在として人気を集めている。

来日公演は昨年8月に続き2度目。来年の開催も予定している。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース