クリストファー・サン師が講演 首都圏大会1日目

2006年5月17日04時12分 印刷
+福音のメッセージを力強く伝えるクリストファー・サン師=12日、淀橋教会(東京・新宿区)で
福音のメッセージを力強く伝えるクリストファー・サン師=12日、淀橋教会(東京・新宿区)で

首都圏にあるおよそ100の教会・団体が協力する大伝道大会「首都圏キリスト教大会」が12日に開会し、午後1時半からは女性大会、午後6時半からは一般大会が行われた。一般大会では、国際巡回伝道者クリストファー・サン牧師が講演。サン師の語る力強い聖書のメッセージに、会場の淀橋教会(東京・新宿区)に集まったおよそ440人の聴衆は熱心に耳を傾けていた。

サン師は、「永遠の祝福」(マタイによる福音書5:1-12)と題して説教し、聖書に約束されている永遠の祝福を受けるためには、今、自分が何をしなければいけないかを会衆に説いた。

サン師は、主イエスが山上で語った8つの祝福について、一つひとつに込められた神からのメッセージを説きながら、御子イエスを神であると信じ、神の前に出て救いを求めるなら、自分のすべての罪、咎、汚れが完全に洗い清められること、愛と哀れみに富む神が自分のすべての罪をゆるし、あふれるほどに恵みを与えることを伝えた。

また、旧約聖書ダニエル書3章から、王の命令にもかかわらず、体を犠牲にしてまでも決して信仰を捨てなかった3人の信仰者の姿を証(あか)しし、神は信じるものに必ず勝利を約束されていること、そして、燃え盛る炉の中で3人とともにいて彼らを無傷で救い出した主は、「あなたがどこにいくときも、ともにおられる」と語り、会衆に大きな信仰の勇気を与えた。

講演後、そこで信仰の決心、献身の思いを与えられた人々は、サン師の招きに応えて講壇の前に集まり、講師とともに決心の祈りをささげた。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース