ポルトガル、人工中絶を原則合法化へ

2007年2月14日19時46分 印刷
関連タグ:ポルトガル中絶

ポルトガルのソクラテス首相は11日、同日行われた人工妊娠中絶の合法化を問う国民投票で賛成票が60%近くを占めたことを受け、与党社会党が過半数を占める議会において、人口妊娠中絶を合法化するための法案を成立させる意向を表明した。

 AP通信などによると、国民投票の投票率が規定の5割を下回ったため国民投票は不成立となり、議会が人工中絶を合法化する義務はなくなっていた。

しかし非合法で行われている人工中絶の実態を懸念し、早くから賛成投票を促してきたソクラテス首相は、国民投票の結果は「(合法化に向け)政治的、法的な正当性をより強めた」と強調し、人工中絶の合法化を断行する方針。

これに対して反対派は、「低い得票率は中絶が大きな問題ではないということを示した」として、ソクラテス首相の意向に反発。保守的なカトリック教会も、「(人工中絶は)生命の神聖さを冒涜する行為」として反発姿勢を強めている。

カトリック信徒が全人口の90パーセントを占め、保守勢力の影響力が強いポルトガルでは、強姦、胎児の異常、母体の生命への危険があるケースのみ、妊娠12週までの人工妊娠中絶が可能とされている。違反行為は最長3年の禁固刑を受けなければならない。この基準は欧州連合(EU)加盟国内で最も厳しいものとなっている。

関連タグ:ポルトガル中絶

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース