総動員数3600人 アカペラ来日ツアー閉幕

2005年10月13日07時13分 印刷
 全米で1000万枚以上のアルバムセールスを記録し、日本でも知名度の高いゴスペルグループ「アカペラ」の来日ツアー(主催:ホザナミュージック)が10日、埼玉県狭山市市民会館の公演で最終日を終了し、全会場の総動員数は約3600人(本紙調べ)を突破した。

 一般の人々が気軽に来て教会に興味を持ってもらえたらと語る主催側スタッフ。会場の多くが一般のコンサートホールだったこともあり、多くのノンクリスチャンがゴスペルに触れる機会となった。

 公演会場となった教会からも「コンサートはもちろん、彼らの人柄すべてから信仰がにじみ出ていた」「期待以上」「多くの方が教会や神様に興味を持つようになった」などの感想が寄せられた。

 8日の会場となった蕨福音自由教会(埼玉県蕨市北町4-2-3)では、感動のあまり、コンサート後も教会の信徒と一緒に賛美や祈りをしたノンクリスチャンがいたという。また今回、教会の青年部が中心となってコンサートの実行委員を担当したことで、彼らの結束力、伝道への意欲が高まった。

 9日にメンバーを迎えた土浦めぐみ教会(茨城県土浦市上高津489-1)では、「ステージ外での彼らの謙虚な姿からたくさんのことを学べた」(関係者)という。魅力、技術、霊的豊かさにも充実した内容だったという。

 来日ツアーに今回初めて参加した、アカペラの創始者でミュージックパスターのキース・ランカスター氏は、「来年も日本に来たい」と語った。コンサートの中でも信仰の証しを語り、このツアーは福音を伝えるための働きであることを常に強調していた。

 現地で突如現われたハリケーンなど、来日直前の様々なアクシデントの中で、彼らの来日を阻むサタンの働きを感じたというメンバー。日本スタッフとの祈りの連携によって、今回の来日ツアーは大成功を収めた。

 今後は、アメリカでの国内ツアーを予定している。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース