世界宣教祈祷課題(10月25日):コソボ共和国

2020年10月25日18時38分 執筆者 : 奥山実 印刷
関連タグ:コソボ
+世界宣教祈祷課題(10月10日):コソボ共和国
トランプ米大統領は9月4日、セルビアとコソボの両首脳と会談した(写真:ホワイトハウス)

90年代末期、旧ユーゴスラビア連邦内で起きたセルビア系住民のアルバニア系住民に対する民族浄化に、当時NATOが空爆で軍事介入し連日報じられたコソボ紛争から、はや20年以上が経過する。

この紛争によって、互いに反目していたセルビアとコソボであったが、9月4日、米国の仲介のもと両国首脳がホワイトハウスで会談し、経済関係を正常化することで合意した。

コソボ共和国は2008年の独立宣言をもってセルビアから独立し、米国や日本、多数のEU諸国など110カ国から国家承認されている。しかし当事国のセルビアはじめ、ロシアのほか、スペイン、ギリシャ、中国など、国内に分離独立運動を抱える多くの国々が、コソボを国家として承認していない。

この会談では、コソボとイスラエルの国交樹立も確認され、セルビア・コソボともに、エルサレムをイスラエルの首都と定め、両国の大使館を移転することも決定した。11月の大統領選を控える米トランプ大統領にとって、目覚ましい外交成果が続いている。

いずれにしてもかつて民族浄化にまで及んだ両国両民族が和解の一歩を踏み出したことは喜ばしいニュースだ。

今後の両国がさらに平和的に発展し、福音宣教が前進するように祈っていただきたい。

■ コソボ共和国の宗教人口
イスラム 80%
正教関係 6%
カトリック 4%
プロテスタント 0・1%
無宗教 10%

※ この記事は、世界宣教センター所長の奥山実牧師のフェイスブックに掲載された「世界宣教祈祷課題」を、若干の編集を加えた上で転載したものです。
関連タグ:コソボ

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


世界宣教祈祷課題の最新記事 世界宣教祈祷課題の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース