安楽死は「人命に対する犯罪」 バチカン教理省が書簡

2020年9月29日20時54分 印刷
+バチカン、新型コロナ対応で新委員会設立 パンデミック後の影響分析や対策提案
バチカンのサンピエトロ大聖堂からの眺め(写真:Diliff)

バチカン(ローマ教皇庁)教理省は、22日発表の生命倫理をめぐる書簡「サマリタヌス・ボヌス」で、安楽死について「人命に対する犯罪」と明言するとともに、あらゆる形の自殺ほう助にも反対する立場を示した。バチカン公営のバチカン・ニュース(日本語版)が同日伝えた。

書簡は、重篤な臨床段階、または終末期にある患者の治療をテーマに、福音書にある「善きサマリア人」のメッセージを実践する際の具体的な指針を示すために書かれた。「治らない患者は、治療できない患者では決してない」と説き、たとえ治ることが不可能、またはその可能性がないように思われる場合でも、医療・看護的、心理的、霊的に寄り添うことは「避けることのできない義務」とした。

安楽死については、あらゆる状況において「本質的に悪い」行為とし、いかなる権威も合法的に強要、もしくは許可することはできず、緩和ケアの中にも安楽死の可能性は決して含まれてはならないと強調した。苦痛緩和のための鎮静措置についても、直接的かつ意図的に死をもたらすために行われることは容認できないとし、意識のない植物状態の場合でも、患者はその価値を認められ、ふさわしい治療とともに看護されなければならないとした。

一方で、患者の家族と医療従事者に対する支援の必要性を強調し、患者をケアする家族を支えるために、国が必要な予算を確保し、システムを整備することが必要だとした。また、地域の教会が安楽死や自殺ほう助に反対する立場を明らかにし、カトリック系の医療機関がその方針を実践するよう求めた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース