小友聡氏の「コヘレトの言葉」シリーズ NHK「こころの時代」で11月から再開

2020年9月29日18時31分 印刷
+小友聡
日本聖書協会の聖書事業懇談会で講演する小友聡氏。小友氏は、2018年に出版された「聖書協会共同訳」の翻訳者兼編集委員も務めた=2016年3月4日、名古屋市で

東京神学大学教授の小友聡(おとも・さとし)氏(日本基督教団中村町教会牧師)によるシリーズ「それでも生きる 旧約聖書『コヘレトの言葉』」の放送が、11月からNHK・Eテレ「こころの時代〜宗教・人生〜」で再開する。4月に第1回が放送された後、延期となっていた。11月8日に第1回のアンコール放送が行われ、11月15日に第2回が放送される。以降は毎月第3日曜日の放送予定で全6回。放送時間は午前5~6時。再放送は同週の土曜日午後1~2時。

「コヘレトの言葉」は、旧約聖書に収められた12章からなる詩文で、「伝道の書」や「伝道者の書」とも呼ばれる。小友氏は「コヘレトの言葉」研究の第一人者として知られており、日本語書き下ろしの聖書注解書シリーズ「VTJ旧約聖書注解」でも同書を担当。『コヘレトの言葉を読もう 「生きよ」と呼びかける書』の著書もある。

延期が決まった際、「こころの時代」の公式サイトに寄せたメッセージでは次のように語っていた。

「現在、疫病のパンデミックのため、世界は先が見えず、私たちは忍耐も希望も失いかけています。けれども、こういう時にこそ、お伝えしたいことがあります。それは、この世界に何が起こるか予測できないけれど、他者に寄り添い、自分にあるものを分かち合いなさい、と『コヘレトの言葉』が勧めているということです(11章2節)」

本紙で「コヘレト書を読む」(全30回)を連載していた臼田宣弘氏(日本基督教団世真留〔せまる〕教会牧師)も、「コロナで中断されていた小友先生の『コヘレトの言葉』が再開されます。『今を生きよ』というメッセージを楽しみにしています」と述べ、シリーズの再開に期待を寄せている。

シリーズの公式ガイド(税込1012円)は、NHK出版のサイトアマゾンで購入可能。ガイドには「コヘレトの言葉」の全文のほか、批評家・随筆家でカトリック信者でもある若松英輔氏による特別寄稿「涙の聖典――『私の聖書』に出会うまで」も収録されている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース