米カリフォルニア州のビーチで約千人が洗礼 「霊的なリバイバル」

2020年9月16日22時43分 印刷
+米カリフォルニア州のビーチで約千人が洗礼 「霊的なリバイバル」
米カリフォルニア州オレンジ郡ニューポートビーチの「コロナデルマー・ステート・ビーチ」で洗礼を受ける人々(写真:チノヒルズ・カルバリーチャペルのインスタグラムの動画より)

米カリフォルニア州南部オレンジ郡のビーチで12日、野外洗礼式が行われ、約千人がイエス・キリストへの信仰を公に表し、洗礼を受けた。洗礼式を行った教会関係者は「カリフォルニア州で霊的なリバイバルが起きているかもしれない」と語った。

米キリスト教テレビ局「CBN」(英語)によると、野外洗礼式を行ったのは、同州チノにあるチノヒルズ・カルバリーチャペル。同州オレンジ郡ニューポートビーチの「コロナデルマー・ステート・ビーチ」でこの日、大人から子どもまで千人近くが洗礼を受けたという。

同教会のジナ・グリーソンさんによると、野外洗礼式における洗礼志願者は通常300人程度。しかし12日はその3倍余りの人々が洗礼を受けた。グリーソンさんは「これは驚くべき数で、本当にすごい数です」と語った。チノヒルズ・カルバリーチャペルのインスタグラム(英語)には、洗礼式の様子が動画で投稿されている。

オレンジ郡ではこの夏、ニューポートビーチに隣接するハンティントンビーチでも、1カ月以上にわたる野外リバリバル集会が開かれ、多くの人々がイエス・キリストに立ち返った。「サチュレイトOC」(「オレンジ郡を浸せ」の意味、英語)と銘打った集会で、2016年にニューヨークから引っ越してきた教会開拓者のパーカー・グリーンさんとジェシー・グリーンさん夫妻が、ハンティントンビーチで何千人もの人々が救われる幻を見たことで始めた。

期間中、SNSにはビーチで賛美をささげ、洗礼を受ける人々の写真や動画が多く投稿された。ハンティントンビーチを訪れたベテル・ミュージックのショーン・フォイトさんもツイッター(英語)に動画を投稿。1960~70年代にヒッピーたちの間で起こり、北米や欧州で広がった「ジーザス・ムーブメント(イエス運動)」の再来かもしれないと語った。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース