人生の中心に神への信仰 ヘンリー王子とメーガン妃の伝記出版

2020年8月18日13時48分 印刷
関連タグ:イギリス
+人生の中心に神への信仰 ヘンリー王子とメーガン妃の伝記出版
メーガン=2018年

最近出版された英国のヘンリー王子とメーガン妃の結婚を主題とした伝記『自由を求めて―ハリーとメーガン、そしてモダンな王室の創立』(原題:Finding Freedom Harry and Meghan and the Making of a Modern Royal Family)によると、メーガン妃が人生の「最も暗い時期」を克服できたのは、神に対する信仰のおかげだという。

神に対する信仰は、米テレビドラマ「スーツ」のキャストとして人気を博したメーガン妃の人生で「中心的な役割」を果たしてきた――。伝記の著者であるオミッド・スコビーとキャロリン・ドゥランドの両氏はそう述べている。

メーガン妃は成長期、過度に宗教的ではなかったものの、常に「神を意識」していたという。伝記によると、メーガン妃は「スーツ」の撮影前に他のキャストを集めて共に祈ることをしていた。

メーガン妃は、長年人気を博したこの法廷ドラマで、2011年から18年までパラリーガルのレイチェル・ゼイン役を演じたが、ヘンリー王子との結婚を機に降板した。

今月11日に英国などで一斉発売されたこの伝記の主題は、ヘンリー王子との結婚、そして2人と他の王族との人間模様。

同著の中で情報を提供している匿名の人物によると、神との関係は「彼女(メーガン妃)にとって非常に重要」だという。

この情報提供者によると、メーガン妃とヘンリー王子は「共に信仰の旅」をしており、このことが、メーガン妃が英国国教会で洗礼を受けた理由の一つだった。

「神との関係、また教会との関係は、彼女にとって非常に重要です。これについては、ほとんどの人が知りません。これは個人としても、一人の女性としても、彼女の人生で中心的な役割を果たしています」

「私が、信仰は彼女の人生の重要な部分だと言う場合、それは神に対する信仰であり、家族に対する信頼であり、彼女に最も近い人々に対する信頼なのです」

別の情報提供者は語る。「最も暗い時期を克服できたのは、祈りと神との会話のおかげです」「それは彼女の人生やヘンリー王子との関係で重要な役割を果たすものです。2人は共に信仰の旅をしてきました」

洗礼を受ける前、メーガン妃は英国国教会のトップであるカンタベリー大主教ジャスティン・ウェルビーに何度か会い、その中で「さまざまな個人的な事柄」について話し合った。その一つは、元夫トレバー・エンゲルソンとの初婚だった。

ウェルビー大主教は「離婚から学んだこと」をメーガン妃に尋ねたと報じられているが、この2人はこの面会を通して「親しい間柄」を築いたともいわれている。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。
関連タグ:イギリス

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース