ヘンリー英王子とメーガン妃の長男アーチー君が受洗、洗礼式は非公開

2019年7月12日16時43分 印刷
+ヘンリー英王子とメーガン妃の長男アーチー君が受洗、洗礼式は非公開
洗礼式後に撮影された記念写真(写真:英サセックス公爵・侯爵夫人〔ヘンリー王子・メーガン妃〕の公式インスタグラムより)

英国のヘンリー王子とメーガン妃の第1子長男アーチー君の洗礼式が6日、ロンドン郊外のウィンザー城で行われた。6日は、アーチー君の誕生日からちょうど2カ月となる日。式は非公開で行われ、家族や友人ら25人のみが出席した。

洗礼を授けたのは、英国国教会(聖公会)トップのカンタベリー大主教ジャスティン・ウェルビー。同教会は5日から9日にかけ、英ヨーク大学を会場に総会を開催しており、ウェルビー大主教は、総会を途中退席して洗礼式を執り行った。

ヘンリー王子とメーガン妃は、ウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂で挙式しているが、アーチー君の洗礼式は同城内にあるエリザベス女王の私有礼拝堂で行われた。式には、ヘンリー王子の父であるチャールズ皇太子と妻のカミラ夫人、兄ウィリアム王子と妻のキャサリン妃らが出席したが、エリザベス女王は先に決まっていた公務のため欠席した。

英王室の歴代の赤ちゃんは、「ホニトン洗礼ガウン」を着て、「リリー・フォント」(ユリの洗礼盤の意味)と呼ばれる洗礼盤で洗礼を受けるのが慣例となっており、アーチー君もこのガウンを着て洗礼を受けた。これは1841年に行われた、ビクトリア女王とアルバート皇太子の第1子長女ビクトリア王女の洗礼以来の伝統となっている。なお、洗礼盤は当時のものが今でも使われ続けているが、ガウンについては現物を保存するため、2008年以降は複製されたものが使用されている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング