イエズス会前総長のアドルフォ・ニコラス神父死去 葬儀ミサはライブ配信

2020年5月22日15時55分 印刷
+イエズス会前総長のアドルフォ・ニコラス神父死去 葬儀ミサはライブ配信
イエズス会前総長のアドルフォ・ニコラス神父=2008年(写真:Hannes Heinsar)

イエズス会前総長で上智大学神学部元教授のアドルフォ・ニコラス神父が20日、東京都内で死去した。84歳だった。日本での宣教経験が長く、日本や東アジアの貧困・移民問題に尽力した。同大が22日、ホームページで発表した。

1936年スペイン・パレンシア生まれ。53年イエズス会入会。60年、スペインのアルカラ大学哲学部卒業。61年に来日し、67年東京で司祭叙階。68年上智大学大学院神学研究科修了(神学修士)、ローマ教皇立グレゴリアン大学博士課程修了(神学博士)。71年から上智大学神学部で教鞭を執り、85年同学部助教授、88年同教授。専門は秘跡神学、司牧神学。

78~85年、フィリピン・マリアのイエズス会東アジア司牧研究所(EAPI)所長。94~2000年、イエズス会日本管区長。04~07年、イエズス会東アジア・オセアニア地区長。08~16年、イエズス会第30代総長。

現総長のアルトゥロ・ソーサ神父は追悼コメントで、ニコラス神父について「イエズス会の発展に寄与しただけでなく、修道生活全般と教会の向上に多大な貢献をしました」と称賛。一方、「私たちが散漫から献身へと進むように、たゆむことなく励まし続けました」と述べ、昨年7月の来日時に面会したことなどを振り返った。

葬儀ミサは23日午後5時から、カトリック麹町教会(聖イグナチオ教会、東京都千代田区)で行われる。新型コロナウイルスの感染防止のため非公開で行われるが、模様はユーチューブでライブ配信される。また日程は未定だが、追悼ミサも後日行われる予定。

バチカン(ローマ教皇庁)公営のバチカン・ニュース(日本語版)によると、ローマではイエズス会ゆかりのジェズ教会で現地時間同日午前10時半から、ソーサ総長による追悼ミサが行われる。

■ イエズス会のアルトゥロ・ソーサ総長による追悼コメント

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


訃報の最新記事 訃報の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース