青山学院大学、新型コロナ支援で全学生に一律5万円支給 総額11億円

2020年4月28日17時19分 印刷
+青山学院大学
青山学院大学の正門

青山学院大学(阪本浩学長、東京都渋谷区)は27日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済支援として、全学生に一律5万円を支給することを発表した。対象はすべての学部生、専門職大学院生を含む大学院生で、総額は11億円に上る。

同大は発表で、新型コロナウイルスをめぐる現在の状況について、短期間で終息するとは考えづらいとする見方を示し、学生が学業・学生生活継続の意思を強く持つことができるよう、今回の支給を決めたと説明。5万円は、学生のオンライン学修環境整備を目的として支給する。この他、学生の学業継続を支えるため、既存の奨学金の枠を拡大するほか、新規の給付型奨学金も創設するという。

同大は緊急事態宣言を受け、4月8日から5月6日までの期間、青山・相模原の両キャンパスへの入構を制限する措置を取っているが、28日には措置を5月31日まで延長すると発表。一方、2020年度前期の授業は予定通り5月1日からオンラインで実施するとしている。

新型コロナウイルスにより経済的影響を受けている学生を支援する動きは、全国の大学で広がっており、キリスト教主義の大学ではこれまでに、明治学院大学や立教大学も、全学生に一律5万円を支給する支援策を発表している。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース