「はこぶね便」運営、トップ・スペース代表の上原雄平さん死去

2020年3月23日19時09分 印刷
+「はこぶね便」運営、トップ・スペース代表の上原雄平さん死去
「はこぶね便」を運営する有限会社トップ・スペース代表の上原雄平さん=2017年、同社(東京都八王子市)で

全国約8千の教会にチラシを相乗りで送る「はこぶね便」を運営する有限会社トップ・スペース(東京都八王子市)代表の上原雄平(うえはら・ゆうへい)さんが21日午前1時43分、急性心不全により死去した。44歳だった。はこぶね便事務局が23日、フェイスブックで明らかにした。

葬儀は新型コロナウイルスの感染防止のため、親近者のみで行い、状況が収束し次第、一般向けに記念会を行う予定。ただし24日午後3~5時に限り、上原さんの所属教会であるキリストの栄光教会(東京都東村山市栄町2−28−15)で、故人と対面できる機会を設ける。

事務局は「あまりに突然のことで受け止めきれていない状態です。死因は、解剖の結果、急性心機能不全でした。『本人は殆(ほとん)ど苦しむことなく突然召されたことになります』と担当医師からも告げられました」とつづっている。

その上で、「はこぶね便は、雄平兄が神の国の実現のために立ち上げた会社です。あまりに大きなリーダーを突然失い、私たちも悲しみと困惑の中にありますが、今こそスタッフ一同、一つとなって彼が神様から受けたビジョンを握りつつ、前進していきたいと願っています」とし、遺された家族の慰めと平安のために祈りを求めている。

24日の故人との対面は、混雑した場合、礼拝堂内に入場できる人数を制限する可能性もあるという。フェイスブックでは、30分ごとに4つの時間帯を提示し、来会する時間帯にしるしを付けることで、分散化の協力を求めている。また、新型コロナウイルスの感染防止のための諸注意も提示。花料は辞退するとしている。

上原さんは2001年にトップ・スペースを設立。「クリスチャンを元気にするための活動」を理念に掲げ、12年から「はこぶね便」を始めた。その後、クリスチャンの制作者による商品を集め、14年からネットショップ「はこカタ」を、15年からギフトカタログ「たらんと」を開始。さらに18年からは、キリスト教専門のクラウドファンディングサイト「KARASHIDANE(からしだね)」を始めるなど、さまざまな事業を展開してきた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース