ルーテル世界連盟前議長、統一協会主催の「鮮鶴平和賞」受賞で物議

2020年2月14日15時42分 印刷
+ルーテル世界連盟前議長、統一協会主催の「鮮鶴平和賞」受賞で物議
ルーテル世界連盟(LWF)前議長のムニブ・ユナン監督=2015年(写真:Maliepa)

ルーテル世界連盟(LWF)前議長のムニブ・ユナン監督(69)が、世界平和統一家庭連合(統一協会)主催の「鮮鶴(ソンハク)平和賞」を受賞したことで、物議を醸している。

韓国クリスチャントゥデイ(韓国語)によると、ソウル近郊のコンベンションセンター「キンテックス」で5日、統一協会の創設者・文鮮明の生誕100周年を記念した第4回鮮鶴平和賞授賞式が開催された。

ユナン監督は、文の妻で、現在、統一協会のトップである韓鶴子(ハン・ハクチャ)から直接賞を授与されたという。この他、国連の潘基文(パン・ギムン)前事務総長(75)も、文の生誕100周年を記念した特別賞を受賞した。受賞者には、それぞれ50万ドル(約5500万円)の賞金とメダルが授与されたとされている。

ユナン監督の受賞についてLWFは、同賞が統一協会主催のものであることを認識しているとした上で、幾つかの加盟教団から懸念する声が上がっていたことを認めた。ユナン監督にはこうした懸念を伝えたが、「個人として受賞する」と返答があったとし、「LWFと加盟教団は、統一協会とはまったく関係がない」と説明した。

ユナン監督の受賞をめぐっては、LWFに加盟する韓国唯一のルーテル派教団である韓国ルーテル教会(LCK)や、LCKが加盟する韓国キリスト教協会協議会(NCCK)も、事前にLWF側に懸念を伝えていたという。

LWFは世界98カ国145のルーテル派教団が加盟する連合組織。日本では、日本福音ルーテル教会、日本ルーテル教団、近畿福音ルーテル教会の3つの教団が加盟している。ユナン監督は2010年から7年間、議長を務めた。16年には議長として、マルティン・ルターの宗教改革500周年を記念し、カトリック教会のローマ教皇フランシスコと共同声明を発表。17年には、日本の庭野平和財団が主催する第34回庭野平和賞を受賞している。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース