教皇「他教派に耳を傾ける姿勢必要」 キリスト教一致祈祷週間で

2020年1月25日13時55分 印刷
+ローマ教皇フランシスコ
世界教会協議会(WCC)の創立70周年を記念する礼拝で、「分裂していてどうして福音を伝えられるか」とメッセージを伝えるローマ教皇フランシスコ=2018年6月21日、エキュメニカルセンター(スイス・ジュネーブ)で(写真:WCC / Magnus Aronson)

キリスト教一致祈祷週間中の23日、ローマ教皇フランシスコは、社会的弱者のための協働を呼び掛けるとともに、「進んで他教派のキリスト信者に耳を傾ける姿勢が必要」と述べた。

教皇は公式ツイッターで、カトリックとプロテスタント合同によるキリスト教一致祈祷週間(1月18日~25日)に言及。「最も弱い立場にある人々を、特に手厚くもてなすために協力しましょう。そうすることで、私たちは人間的に豊かになり、より良いキリストの弟子となれるでしょう」と呼び掛けた。

さらに「それはまた、同じキリスト教信者としてのさらなる一致へとつながるはず」と指摘。社会的弱者のための働きを協力して行うことが、異なる教派間の一致にもつながるとする考えを示した。

「キリスト教諸教派が『一致して手厚くもてなす』ためには、進んで他教派のキリスト信者に耳を傾ける姿勢が必要です。それぞれの信仰に対する思いや、共同体の歴史に心を向けましょう」。教皇はそう述べ、他教派の信仰や歴史を学び、また彼らの声に耳を傾けることの大切さを語った。

キリスト教一致祈祷週間は1908年から続くもので、当時祝われていた聖ペトロの祝日(1月18日)と、聖パウロの祝日(1月25日)を結ぶ8日間と定められている。今年は、「人々は大変親切にしてくれた」(使徒言行録28:2)がテーマ。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース