英国国教会、次期ヨーク大主教にコットレル主教

2019年12月21日07時24分 印刷
+英国国教会、次期ヨーク大主教にコットレル主教
カンタベリー大主教ジャスティン・ウェルビー(左)と次期ヨーク大主教に任命されたチェルムズフォード主教スティーブン・コットレル(写真:英国国教会)

英国国教会は、チェルムスフォード教区のスティーブン・コットレル主教(61)を、次期ヨーク大主教に任命した。現職のジョン・センタム大主教が来年6月に引退するのに伴うもの。ヨーク大主教は、同教会ではカンタベリー大主教に次ぐナンバー2の職位。コットレル主教が正式に就任すれば、第98代目となる。ヨーク大主教の公式サイト(英語)で17日、発表された。

カンタベリー大主教ジャスティン・ウェルビーは、コットレル主教が「イエスの愛と喜びにあふれた人」だと述べ、任命を歓迎した。センタム大主教も、コットレル主教が後継者となることは「心の喜び」だと語った。

一方、コットレル主教本人は「第98代ヨーク大主教の候補者とさせていただいたことに興奮するとともに、謙遜な思いにさせられています」と語った。

コットレル主教は1958年、英南東部のエセックス生まれ。10代の頃、教会の青年活動を通して信仰を持つようになった。81年オックスフォード大学セント・スティーブンス・ハウス(神学校)入学。26歳で執事に叙任され、その後、同教会立のセント・メリタス大学で修士号を取得。ロンドンやチチェスターなどでの奉仕を経て、2001年にピーターバラ大聖堂の参事司祭に。04年にレディング主教に任命され、10年から現職のチェルムズフォード主教を務めている。

妻のレベッカさんは陶芸家で、コットレル主教との間に3人の息子がいる。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース