日本バプ連靖国神社問題特別委、「即位の礼」「大嘗祭」に抗議声明

2019年12月20日12時36分 印刷

日本バプテスト連盟靖国神社問題特別委員会は、天皇代替わりに伴い行われた「即位の礼」(10月22日)と「大嘗祭(だいじょうさい)」(11月14、15日)について、政教分離の原則や信教の自由に反するなどとして、政府に抗議する声明を発表した。声明は8日付。同連盟の公式サイトで19日発表した。

同委は、「即位の礼」の中心儀礼「即位礼正殿の儀」で、首相が天皇を仰ぎながら述べる「寿詞(よごと)」の服属儀式性や、儀式中に発声される「万歳」という言葉が「かつて天皇崇拝や軍国主義を進めるための方策」として用いられたことを指摘。その上で「これらは政教分離原則・信教の自由・平和主義・国民主権」に反すると主張している。また「即位礼正殿の儀」に合わせ、政府が約55万人を対象に実施した恩赦については、「国民主権にそぐわず、天皇礼賛につながる」と批判。自治体や学校、会社などへの国旗掲揚の協力要請についても「『祝意』の強要」につながるとした。

「大嘗祭」については戦中、「大神と天皇が御一体におなりあそばす御神事であって、わが大日本が神の国であることを明らかにするもの」と説明されるなど、天皇の「現人神」としての権威を高めるために用いられていたと指摘。さらに、宗教儀式としての性格があることを政府も認めながら、国費が27億円も支出されていることを問題視。さらに儀式が行われた「大嘗宮(だいじょうきゅう)」も、その後取り壊されるのにもかかわらず、約16億円も費用を費やしていることを挙げ、「税金の浪費」と批判した。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース