映画「影踏み」 双子という特殊な世界に招かれた男の数奇な運命

2019年11月19日14時04分 執筆者 : 青木保憲 印刷
+映画「影踏み」 双子という特殊な世界に招かれた男の数奇な運命
映画「影踏み」、11月15日から全国の映画館で公開中(配給:東京テアトル)©2019「影踏み」製作委員会

人は自分ではどうすることもできないことが多くある。その一つが、自分の親を選べないこと。そして、男性か女性かを選ぶこともできない。また、母の胎を分け合って「双子」として生まれてくることが運命づけられているとしても、それにあらがうこともできないだろう。

筆者は「一人っ子」である。双子とは対極にある存在だが、この「一人っ子」という呼び名から連想されるさまざまなネガティブイメージに呪縛されてきたことを思うと、状況は異なれど、「双子」と呼び慣らされてきた「二つの命」は、いつしか共依存的イメージに縛られ、それから解放されることを願うようになったとしてもおかしくはない。人は出生に関する「運命」を甘受するしかなく、それにあらがおうとするなら、それはまさに果てることなき「影踏み」をするに等しいこととなる。

本作「影踏み」は、そんな双子の物語である。しかし、何を語ろうとしてもすべてネタバレとなってしまうため、これ以上物語に踏み入ることはできない。原作は横山秀夫の同名小説。『半落ち』『クライマーズ・ハイ』『64(ロクヨン)』など、重厚でスリリングな社会派エンターテイメント小説の旗手である。その彼が「ノビ師」という空き巣犯罪者を主人公にしたのが本作である。短編連作の形態である原作小説を一本の長編映画に仕上げたのは、篠原哲雄監督。篠原監督は「月とキャベツ」のヒットで名を上げ、最近では野村萬斎主演の「花戦さ」などでメガホンを取っている。

主演は、篠原監督の出世作「月とキャベツ」でも主演を務めたシンガーソングライターの山崎まさよし。14年ぶりの主演となる本作で、「孤高の泥棒」の悲喜交々を見事に演じ切っている。

映画「影踏み」 双子という特殊な世界に招かれた男の数奇な運命
©2019「影踏み」製作委員会

とは言え、一本の映画として観るなら本作はツッコミどころ満載である。複雑な人間関係の機微を描いているかと思いきや、意外に単純な動機で事件が発生してしまったり、ミステリー仕立てのストーリーテリングが「売り」の作品であるはずなのに、そのトリックがバレバレであったり・・・。そもそも開始30分で、本作最大の「仕掛け」は多くの人に見破られてしまうだろう。

そんないびつな作品であることを看過するなら、本作は私たちを摩訶(まか)不思議な世界へと誘ってくれるだろう。それが上述した「双子」の世界観である。本作は、(双子ではない)私たちが一般的に抱く「双子観」では捉えきれない一面を強調し、描いている。

本作のタイトルが「影踏み」とあるのも、双子の一方が取り残されたとき、まるで今まで双方向から引っ張り合っていたからそこ釣り合っていたバランスが一気に崩れ、共倒れしてしまうかのような危うさを強調しているからである。ところで、この双子の関係は果たして本当のことだろうか?

観終わってふと、聖書に登場する「双子」に思いをはせた。最も有名なのは「エサウとヤコブ」だろう。彼らは一緒に(正確にはヤコブがエサウのかかとをつかんで)生まれてきたが、その生き方は対照的であった。アクティブで細かいことを気にしない兄のエサウに対し、どちらかというとインドア派で内向的な策略家であったヤコブ。ついに彼らは、長子の権利をめぐって対立し、微妙に均衡が取れていた世界が崩壊してしまうことになる。

映画「影踏み」 双子という特殊な世界に招かれた男の数奇な運命
©2019「影踏み」製作委員会

やはり「双子」はぶつかり合い、どちらかが(生死ではなく)消え去るようなストーリーが運命づけられているのだろうか。

かつて、知り合いの双子に話を聞いたことがあったが、一番嫌なのは「2人で一つ」と思われることらしい。言い換えるなら、個々人として自分を見てほしいし、そういうものとして扱ってもらいたいということだろう。

ヤコブも(そしてエサウも)、本作に登場する双子たちも、同じ苦しみを抱いている。そして一方が今までの日常をぶち壊し、ちぎれ飛ぶように消えていく。

だが、聖書のエサウとヤコブも、本作の双子たちも、「2人で一つ」という呪縛からは逃れられない。否、逃れようとしているうちは、心に平安が来ない、といってもいい。しかし時を隔て2人が個々人として出会うとき、そこに真の邂逅(かいこう)が生まれ、そして一致とバランスが再び生まれることになる。これは、聖書の双子たちにとっても、本作の双子たちにとっても同じ着地点である。

そこに至って筆者は心をなで下した。そういった意味で本作はハッピーエンドである。しかし同時に、その先はどうなってしまうのだろう?と思わずにはおられない。

映画「影踏み」 双子という特殊な世界に招かれた男の数奇な運命
©2019「影踏み」製作委員会

エサウとヤコブの物語も同じである。2人はヤボクの渡しで邂逅し、互いに和解を得る。だが聖書はエサウのその後をはっきりとは描かない。フォーカスはヤコブのみに向けられる。そして「アブラハム、イサク、ヤコブの神」と称されることで、エサウはイスラエルのオフィシャルな歴史から姿を消す。筆者はその後のエサウのことも気になるのだが・・・。

本作「影踏み」と、エサウとヤコブの物語とは似ても似つかない話である。しかしそれでいて「双子」というキーワードに立脚して全体を眺めるなら、共通点もまた多く見いだせるだろう。

逆説的だが、双子は2人が互いの方を向き合い、近くなることで真の個となることができるのかもしれない。そんなことを思わされる一作であり、なぜかエサウとヤコブを連想させる物語展開であった。

■ 映画「影踏み」予告編 

映画「影踏み」公式サイト

青木保憲

青木保憲(あおき・やすのり)

1968年愛知県生まれ。愛知教育大学大学院を卒業後、小学校教員を経て牧師を志し、アンデレ宣教神学院へ進む。その後、京都大学教育学研究科卒(修士)、同志社大学大学院神学研究科卒(神学博士、2011年)。グレース宣教会研修牧師。東日本大震災の復興を願って来日するナッシュビルのクライストチャーチ・クワイアと交流を深める。映画と教会での説教をこよなく愛する。聖書と「スターウォーズ」が座右の銘。一男二女の父。著書に『アメリカ福音派の歴史』(2012年、明石書店)。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

映画「種をまく人」に見る「はかなくも確かな希望」

ドニー・マクラーキンが60歳誕生日コンサート、カーク・フランクリンら大物ゴスペルアーティストが大集結!

スコセッシ監督のマフィア映画集大成「アイリッシュマン」 組織人にとっての「幸せ」とは?(その2)

スコセッシ監督のマフィア映画集大成「アイリッシュマン」 組織人にとっての「幸せ」とは?(その1)

「愛があなたを待っている」 タイの孤児たちに愛を届け続けて11年、ゴスペル歌手の市岡裕子さん

映画「影踏み」 双子という特殊な世界に招かれた男の数奇な運命

「聴くドラマ聖書」アプリが正式リリース 大和田伸也、井上芳雄、つるの剛士ら出演俳優が思い語る

カニエ・ウェストの最新アルバム「ジーザス・イズ・キング」、ビルボード初登場1位 9作連続で歴代最多タイに

ルカ福音書の例話がモチーフ、映画「種をまく人」 障がい者のいる家族の葛藤の先に見える希望

教皇来日のテーマソング公開 嵐、KAT-TUNの楽曲手掛けた井上純さんが作詞・作曲

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース