ブラッド・ピット、無神論を否定 以前はただ「反発していた」だけ

2019年10月9日14時20分 印刷
+ブラッド・ピット、無神論を否定 以前はただ「反発していた」だけ
ブラッド・ピット=2019年7月22日(写真:Toglenn)

長年、無神論を公言してきたハリウッド俳優のブラッド・ピット(55)が最近、雑誌のインタビューに答え、無神論は自身の本当の姿ではなく、これまではただ「反発していた」だけだったと話した。

9月20日から公開中の新作SF映画「アド・アストラ」で主演を務めるピットは、米男性誌「GQ」10月号(9月16日掲載、英語)のインタビューで、次のように語った。

「そうですね。いろいろなことがありました。例えば、僕は宗教にしがみついていました。僕はキリスト教を信じる環境の中で育ったのですが、いつも疑問を持っていました。でも、それ(キリスト教の教え)が機能するときもありました。独り立ちした後は、キリスト教から完全に離れてしまい、自分は不可知論者だと言っていました。幾つかのスピリチュアルなことを試してみましたが、しっくりきませんでした。その後、しばらくは無神論者だと言ってきました。反発していたんです。本当はそうではありませんでした。でも、しばらくの間はそのような自分でいました。その後、信じることに戻っていきました。スピリチュアルという言葉は使いたくありませんが、人は皆つながっていると信じています」

米南中部オクラホマ州出身のピットは、南部バプテスト派(プロテスタント)の家庭環境で育ったが、過去のインタビューでは、信仰を否定する発言を繰り返していた。

ドイツのタブロイド日刊新聞「ビルト」(英語)との2009年のインタビューで、神を信じるかと尋ねられたピットは、「いいえ、信じません」と回答。さらに、自身が霊的であるかと尋ねられると、「いいえ、そんなことは絶対ありません。僕はおそらく20パーセントは無神論者で、80パーセントは不可知論者です。(神を)本当に知る人などいるとは思いません。行き着くところに行ったとき、気づくかどうかの問題です。それまでは考えたところで意味がありません」と語っていた。

また米芸能誌「ピープル」(英語)によると、2年後の11年には次のように語っている。

「物事は神の御心の通りになるものだと言われて育ちました。何かうまくいかないことがあると、それは神の計画だったのだと言われました。でも、僕はそれに問題を感じます。これについては話さない方が良いと思います。重苦しくなるから」

そして12年には、米芸能誌「ハリウッド・レポーター」(英語)とのインタビューで、次のように語っている。

「僕はとても宗教的に育てられましたが、宗教とはあまり関係がありません。僕は不可知論と無神論の間を行ったり来たりしています」

今回のGQ誌によるインタビューは、映画「アド・アストラ」の宣伝に乗じて行われた。本作は宇宙を舞台にしたSF映画で、ピットは宇宙飛行士ロイ・マクブライドを演じている。ロイの父クリフォードは、地球外知的生命体の探求に生涯をささげる科学者だったが、生命体の探索中に行方不明となってしまう。父の姿を見て育ち、自身も宇宙で働くことを選んだロイは、やがて父が今も生存していることを知らされる。そして、失踪した父にまつわる真実を解明するために、太陽系を巡る過酷な旅に出る――。

ピットはGQ誌とのインタビューではこのほか、俳優としての30年以上にわたるキャリアを振り返りつつ、「もうずいぶん年を取った」とも告白。「(年を取って)時間の大切さに気づいていくものさ。人間関係の良いことや悪いこと、いろんな経験をして、また勝ち組になったり負け組になったり。でも年を取ると、勝ち負けなんてどうでもよくなる。誰と一緒に時間を過ごすか、どのように時間を過ごすか、今の自分にとってはそういうことの方がもっと大事になってきた」などと語っている。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース