キリスト教に改宗した65歳女性に禁錮1年の判決 イラン

2019年8月8日07時05分 印刷
+イラン・国旗
イランの国旗(写真:Blondinrikard Froberg)

キリスト教に改宗した65歳のイラン人女性が最近、「体制に反するプロパガンダ」を拡散させ、国家の安全保障に反する行為を行ったとして、禁錮1年の判決を受けた。

キリスト教支援団体「国際キリスト教レスポンス」(ICR、英語)によると、禁錮1年の判決を受けたのは、マフロク・カンバリさん。昨年のクリスマス前に、イランの諜報員3人がカンバリさんの自宅に押し入り、カンバリさんを逮捕。自宅からは、携帯電話のほか、聖書やキリスト教用品などが没収された。

カンバリさんは、10日間にわたる取り調べを受けた後、保釈金を払って保釈されたが、今年1月に起訴された。また、イスラム教信仰に立ち返るため宗教指導者と面会するよう強制されるなどしたという。

7月27日に首都テヘラン近郊キャラジのイスラム革命裁判所で審理が行われ、カンバリさんも出廷したが、同29日に禁錮1年が命じられた。同裁判所はイラン国内で、政治や麻薬、宗教、経済に関わる犯罪を扱う裁判所。

イランには、キリスト教信仰のために逮捕されたクリスチャンが多数おり、カンバリさんはその中で最も最近に逮捕された一人。

迫害監視団体「米国オープン・ドアーズ」は、迫害のひどい国をまとめた「ワールド・ウォッチ・リスト2019」(英語)で、イスラム教徒が多数派を占めるイランを、迫害がひどい9番目の国に位置付けている。イランには、キリスト教の牧師や信徒を逮捕してきた長い歴史がある。

「体制に反するプロパガンダ」の拡散は、イランではよく見られる罪状だという。5月には、キリスト教に改宗した別の2人が同じ理由で禁錮1年6月と1年の判決を受けている。2人はどちらも家の教会に関わっていた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース