イラン人キリスト教徒の女性、4年の服役終え出所

2017年8月16日17時58分 印刷
+イラン人キリスト教徒の女性、4年の服役終え出所
マリアム・ナガーシュ・ザルガランさん(写真:英国オープン・ドアーズ)

国の安全保障に反する活動を行ったとして、4年の禁錮刑を命じられていたイラン人キリスト教徒の女性、マリアム・ナガーシュ・ザルガランさん(39)が、首都テヘランのエビン刑務所での服役を終え、出所した。イスラム教からキリスト教に改宗したザルガランさんは2013年1月、孤児院の働きに関連して、イラン系米国人のサイード・アベディニ牧師(2016年1月に釈放)と共に逮捕されていた。

キリスト教の迫害監視団体「ワールド・ウォッチ・モニター」(WWM、英語)によると、ザルガランさんが解放されたのは今月1日夜。ザルガランさんは、「イラン社会をイスラム教から引き離すため、イランでキリスト教を広めようとする英国とイスラエルによる、安全を脅かす企てに関与した」として、禁錮4年を命じられていた。

先天性の心臓病のため、10年前に手術を受けているザルガランさんは、腰椎椎間板の疾患や関節炎、骨粗しょう症などの病気を患っており、収監により病状が悪化したと伝えられている。

収監中は病気の治療を拒否されることもあり、国際人権団体のアムネスティ・インターナショナルは、イランの「残酷な」医療拒否の事例として、ザルガランさんに言及している。WWMによると、ザルガランさんは収監中に数回のハンガーストライキを行い、治療のために刑務所を一時的に出ることが何度か許可されている。しかし毎回、治療が完全に終わる前に刑務所に戻るように強いられたという。刑期も刑務所外で過ごした期間として、6週間延長された。

擁護団体「アーティクル18」のマンスール・ボルジ氏はWWMに対し、「重大な健康問題があるにもかかわらず、彼女を不当に拘禁したことは、イランが宗教的自由を尊重していないことの明白な証拠です」と語った。ボルジ氏は、「この抑圧は、(キリスト教徒の)逮捕者増加を反映するもので、宗教的少数派、特にキリスト教徒に対する組織的な中傷活動を反映したものです」と話している。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング