アジア宗教者平和会議執行委員会、日本で初開催 19カ国から約100人参加

2019年4月23日06時24分 印刷
+アジア宗教者平和会議執行委員会、日本で初開催 19カ国から約100人参加
アジア宗教者平和会議(ACRP)執行委員会の参加者(写真:世界宗教者平和会議〔WCRP〕日本委員会提供)

アジア宗教者平和会議(ACRP)は11、12の両日、執行委員会を立正佼成会大阪普門館(大阪市)で開催した。同委が日本で開催されるのは今回が初めて。世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会理事長の植松誠・日本聖公会首座主教や、韓国カトリック司教協議会会長の金喜中(キム・ヒジュン)大司教を含む、アジア19カ国の宗教指導者ら約100人が参加した。

同委では今回、▽ACRPのガバナンス強化、▽組織運営の強化、▽プロジェクト実施の展開――の3点を主要課題として議論。さらに、来年東京で開催する第9回大会の実施要項や定款の改正、ACRPとして具体的に取り組むプロジェクトの明確化などを話し合った。

東京大会については、開催期間を来年10月14~16日とし、国立オリンピック記念青少年センター(東京都渋谷区)を会場とすることを決定。大会テーマは「行動するアジア宗教共同体:包摂的で平和なアジア」に決めた。一方、来年は定款改正の採択や新たな執行部の選出などがあることから、参加者数を300人程度に絞り込んだ実務型の大会とすることを確認。ただし初日の開会式は、京都造形芸術大学の竹村真一教授(文化人類学)が基調講演を行い、400~500人程度の参加者を想定して用意を進める。

定款の改正は、ほぼ原案通りに承認され、来年の東京大会で採択される見通し。主な改正点は、1)5~6年ごとに開催する「大会」と、毎年開催する「執行委員会」の中間組織である「管理委員会」の廃止、2)ACRPの実務議長や各部の宗教指導者、専門家らによる「諮問委員会」の新設、3)財政健全化推進のための「アジア・トラスティー」の新設。

ACRPが具体的に取り組むプロジェクトとしては、1)人身売買問題、2)女性と子どもの尊厳、3)北朝鮮と韓国、バングラデシュとミャンマー間の平和と和解、4)環境と開発――の4つに関わる取り組みが、あらかじめ用意された文書で提示され、さらに議論の結果、5つ目のプロジェクトとして「青年のリーダーシップの推進」が加えられた。

アジア宗教者平和会議執行委員会、日本で初開催 19カ国から約100人参加
執行委員会の様子(写真:同上)

同委ではこのほか、来年の東京大会で、次回大会までの「行動計画」を採択することも決定。各プロジェクトのより積極的な実施を後押しする。

また同委には今回、ACRP未加盟の東ティモールからもオブザーバーとして、イスラム教代表のアリフ・サグラン氏と、キリスト教代表でカトリック神父のマルティノ・G・ダ・シルバ・グスマオ氏が参加した。2人は東ティモールの正式加盟に向けた手続きに入ることを表明し、順調に進めば、来年の東京大会で22番目の加盟国として承認されることになる。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

海の日を「産み」の日に 中絶やめよう、300人がデモ行進

プロボクサーの村田諒太、息子への手紙で新約聖書の「タラントのたとえ」

クリスチャン・アカデミー・イン・ジャパンで性的虐待やいじめ、報告66件 第3者機関が調査

「1宗教施設に1難民家族」など 世界宗教者平和会議日本委が世界大会前に提言文

「神父射殺事件を取材して見えてきたもの」 毎日新聞東京本社で講演

フジテレビ社長に遠藤周作長男の遠藤龍之介氏

児童福祉法・児童虐待防止法の改正を受けて(3)通報を基準に考えるのではなく隣人として 千葉敦志

災害と聖書の神―貧しい人・被災者は幸いである 岩村義雄・神戸国際キリスト教会牧師

児童福祉法・児童虐待防止法の改正を受けて(2)連携の糸口としてのマルトリートメントの概念 千葉敦志

児童福祉法・児童虐待防止法の改正を受けて(1)チャイルド・プロテクション・チームから学べること 千葉敦志

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング