6月の国家朝餐祈祷会、500人の参加目指す 日本CBMC総会

2019年4月16日15時55分 印刷
+6月の国家朝餐祈祷会、参加者拡大へ追い込み 日本CBMC総会
総会に臨む日本CBMCの会員たち=9日、東京都内のホテルで

日本CBMC(青木仁志理事長)は9日、東京都内のホテルで総会を開き、6月12日に東京で開催される第19回国家朝餐祈祷会の活動計画などを盛り込んだ2019年度の事業計画を承認した。祈祷会の運営責任を担う統括実行委員長には、副理事長で元草加市議の瀬戸健一郎氏が新たに就任。伝道に重点を置き、500人の参加を目指す。

国家朝餐祈祷会(NPB=National Prayer Breakfast)は世界各国に広がる運動で、米国や韓国では現職の大統領が出席することで知られている。日本ではこれまで「晩餐祈祷会」として行われてきたが、世界的な潮流に合わせて今年から「朝餐祈祷会」として新しいスタートを切る。

テーマは「愛が働くとき、不可能は可能に」(マタイ17:20)で、石破茂衆院議員やCBMCインターナショナルのジム・ファールストム会長が特別ゲストとして参加する。他にも、すでに複数の国会議員や地方自治体の首長、さらに世界17カ国もの駐日大使が参加を決めている。青木理事長は、「クリスチャンでない方にも神様の御言葉を伝えていけるよい場になる」と期待を込めた。

祈祷会は、12日午前8時からヒルトン東京お台場(東京都港区)を会場に行われる。この他、前日11日夜には、前回までの晩餐祈祷会の流れをくむ懇親と祈りの会を200人限定で開催。教会を支える若いビジネス信徒の育成をテーマにしたセミナーも祈祷会当日の午前11時半から行う。

「日本のリバイバルのきっかけとなるイベントに」 国家晩餐祈祷会、来年から「国家朝餐祈祷会」へ
6月12日に開催される第19回国家朝餐祈祷会のパンフレット(拡大:表紙中面参加申込書

瀬戸氏は、「米国を源流として韓国や台湾でも国家元首が参加し、『朝餐祈祷会』という形で運動が各国に広がっている。日本も世界の流れに合わせ、しかも朝餐会だけでなく、共に祈り、共に学び、霊が燃やされる機会にしていこうという意気込みをもって今回の計画につながった」と述べ、参加者拡大に向けてさらなる協力を求めた。

参加費は、祈祷会のみで9千円(4月30日までの申し込みで早割8千円)、前日夜の集会と当日のセミナーも含めたセットで1万7千円(同早割1万5千円)。申し込みは、国家朝餐祈祷会のホームページで受け付けている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

「神は信仰の人と共に働かれる」 東京でアジアリーダーズサミット、聖会に約千人が参加

鎌倉街道160キロを歩いて伝道 「ウォーク・ウィズ・ジーザス」始まる

「神に不可能はない」 癒やしの伝道者デービッド・テーラー氏が来日講演

北米トヨタ副社長らがメッセージ、国家朝餐祈祷会で祈り会とビジネス信徒セミナー

「教会の役割は大きい」 ジーザス・ジューン・フェスティバルで「がん哲学外来」の樋野興夫氏が講演

華僑への伝道に携わって 荘明義・横浜華僑基督教会長老

次世代、青年層への伝道に関して思うこと 万代栄嗣・日本福音宣教会松山福音センター主任牧師

過去最多14カ国の駐日大使らが出席、国の指導者と世界の平和のため祈る 第19回国家朝餐祈祷会

学年の成績上位者から一転、10代でヤクザに 刑務所で出会った聖書と人生の恩師

「キリスト病」にかかってしまった元山口組系総長(2)夢による啓示、祈りの中で与えられた数々の導き

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース