ミサ中に神父刺される、テレビで生中継中 カナダ

2019年3月26日23時39分 印刷
+ミサ中に神父刺される、テレビで生中継中 カナダ
事件があったカナダ東部モントリオールの聖ジョセフ礼拝堂(写真:Paolo Costa Baldi)

カナダ東部モントリオールの聖ジョセフ礼拝堂で22日朝、神父がミサの最中に刺される事件があった。神父は病院に運ばれたが軽傷で、すでに退院している。

カトリック系メディア「クラックス」(英語)などによると、刺されたのはクロード・グルー神父(77)。聖ジョセフ礼拝堂の地下室で22日午前8時半からミサを執り行っていたところ、白い帽子をかぶった背の高い男が、突然グルー神父に歩み寄り刃物で刺した。

事件を捉えた映像には、グルー神父が途中で男に気付き逃げようとするが、男がその後を追って刺す様子が映っている。グルー神父は刺された後、自力で立ち上がり、男はミサの参加者らに取り押さえられた。ミサには50~60人が参加していたという。

男は26歳で、以前から警察が把握していた人物だという。警察はテロの可能性を否定し、単独の犯行とみている。

カトリック系のCNA通信(英語)によると、グルー神父は、多くの人々から気遣いの言葉を受け「心が暖かくなり、この困難な時を平安に過ごすようにさせてくれた」と語った。

聖ジョセフ礼拝堂の広報担当であるセリーヌ・バーボーさんによると、グルー神父は数日間安静にしている必要があるが、神父自身は早期の復帰を希望しているという。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング